Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ソフトウェア アーキテクチャQFabric システム理解する

QFabricシステム環境向けソフトウェア・アーキテクチャは、データセンター・トラフィック向けで、高速で低遅延のノンブロッキング・ファブリックを実現するように設計されています。このトピックでは、QFabric システムのソフトウェア アーキテクチャでこれらの目標がどのようにサポートされるのかについて説明します。

QFabric システム ソフトウェア アーキテクチャには、主に次のコンポーネントがあります。

  • すべての QFabric システム コンポーネントを単一の管理ビューに表示すると、QFabric システムの統合管理、構成、監視、トラブルシューティングが可能です。このビューは、Directorグループで実行されているQFX シリーズ Directorソフトウェアによって提供されます。プライマリ管理者は、デフォルト パーティションから統合ビューにアクセスできます。

  • ファブリック制御プロトコルにより、QFabricシステム・コンポーネント間でデータトラフィックを迅速に転送できます。ソフトウェア アーキテクチャのこのユニークな機能により、QFabric システム内の各デバイスのルート情報が配信され、QFabric システム ネットワーク内でスパニング ツリー プロトコルを実行する必要がなされます。

  • ファブリック管理プロトコルにより、QFabricシステム・コンポーネント間で制御トラフィックを迅速に転送できます。このプロトコルは、QFabric システム リソースを識別して初期設定し、デバイスの冗長性をサポートし、QFabric システム全体の管理通信をサポートします。

  • QFabricコントロール プレーン独立した高性能ネットワークデータ プレーンQFabricシステムの高可用性を提供します。

このソフトウェアは、QFabricシステムの機能をサポートするJunos オペレーティング システム(Junos OS)の関連機能にもアクセスできます。EX シリーズ イーサネット スイッチで使用可能なほとんどのスイッチング機能と、M Series、MX シリーズ、T Series ルーティング プラットフォームで使用可能な多くのルーティング機能をサポートしています。