Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

例:デバイスとデバイスでのVXLAN QFX シリーズ手動EX4600 スイッチ

次の例は、QFX5100、QFX5110、QFX5200、QFX5210、EX4600の各スイッチでVXVPNを手動で設定する場合の使用事例を示しています。

例: トランジット スイッチVXLAN設定

QFX シリーズ または EX4600 スイッチが、VTEP として動作するダウンストリーム デバイスのトランジット スイッチとして機能している場合、QFX シリーズ または EX4600 スイッチ上に VXLAN 情報を設定する必要があります。スイッチ上に PIM を設定して、VTEP が互いに到達可能性を確立するために必要なマルチキャスト ツリーを形成する必要があります。

要件

この例では、次のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • 2 QFX5100 スイッチ

  • Junos OS リリース 14.1X53-D10

概要

この例では、複数のスイッチを TEP として機能するダウンストリーム QFX5100接続するシンプルな使用事例を示しています。スイッチQFX5100、サーバー 1 上の VM 1 とサーバー 2 上の VM 2 VXLAN間でパケットを転送する必要があります。この設定では、仮想マシン間のトンネル間でレイヤー 2 接続が可能VXLAN、アプリケーションは VM 間の VMotion を実行できます。

トポロジ

図 1 は 、ダウンストリーム VTEP のためにパケットを転送するように設定VXLAN QFX 5100 スイッチを示しています。

図 1:QFX5100トランジット スイッチとして機能VXLAN図 QFX5100 Acting as a VXLAN Transit Switch

Transit スイッチ での PIM のスイッチ

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペースト [edit] します。

手順

手順

VXLAN コントロール プレーン の作成に SDN コントローラを使用しない場合、VTEP がマルチキャスト グループを使用してその存在をアドバタイズし、他の TETEP について学習できるよう、各スイッチで PIM を有効にする必要があります。(PIM を自動的に設定すると IGMP が有効になります)。特定の構成を実行VXLAN必要は生じではありません。また、どちらのスイッチでも VLAN 1 を設定する必要はありません。

  1. PIM を有効にする。

  2. PIM ランデブー ポイントのアドレスを設定します。

例: レイヤー 2 VXLANの設定

QFX シリーズ または EX4600 スイッチをダウンストリーム サーバーに接続し、別の VM とのレイヤー 2 接続が必要な VM をホストしている場合、レイヤー 3 ネットワークから到達可能な場合は、以下の手順を実行する必要があります。

  • スイッチをスイッチとして設定VTEP、つまりダウンストリームのレイヤー 2 デバイス用のレイヤー 2 ゲートウェイになります。

  • 他の IP との到達可能性に必要なマルチキャスト ツリーを形成し、BUM トラフィックを VTEP 間で転送できるよう、スイッチで PIM を設定します。

  • デバイスのループバック インターフェイスとレイヤー 3 インターフェイスOSPF VTEP設定など、ルーティング プロトコルを有効にします。

要件

この例では、次のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • 2 QFX5100 スイッチ

  • Junos OS リリース 14.1X53-D10

概要

この例では、QFX5100 スイッチが VTEP として機能し、サーバー 1 上の VM 1 とサーバー 2 の VM 2 間のレイヤー 2 接続を可能にし、VM 間で VMotion を実行できる事例を示しています。この例で使用するサーバーは、同じデータ センター内にある場合でも異なっている場合があります。唯一の制約は、複数のスイッチ間にレイヤー 3 接続がQFX5100することです。これにより、サーバー使用量や帯域幅要件の変化に対する要求に応じて、ネットワークを俊敏に実行できます。

両方のレイヤー 2 ドメインに同じ VLAN が存在し、両方のスイッチが VLAN トラフィックを同じ VXLAN にカプセル化します。このため、レイヤー 3 ネットワークの VXLAN トラフィック用のゲートウェイは必要ない点に注意してください。レイヤー 3 パケットVXLAN通常のルーティングで、カプセル化または再カプセル化を行う必要はありません。

トポロジ

図 2 は 、QFX5100として機能するように設定されたスイッチの例を示しています。

図 2:QFX5100アアクションVTEP QFX5100 Acting as a VTEP

デバイスのスイッチ

CLI迅速な設定

この例で QFX5100-96S 1 を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペーストします。 [edit]

QFX5100-96S 2 の設定は、アドレスの一部に対する変更を除き、同一です。

注:

両方のスイッチに同じマルチキャスト グループ アドレス VLAN1 を設定する必要があります。

手順

手順

両方のスイッチで次の手順を実行して、設定例を設定します。

  1. ループバック インターフェイスで到達可能な IPv4 アドレスを作成します。

    スイッチQFX5100-96S 2の場合、アドレスを使用 10.1.1.2.

  2. ループバック インターフェイス(および関連アドレス)をトンネル 送信元アドレスとして使用する。

  3. ループバック インターフェイスで PIM を有効にします。

  4. ループバック インターフェイスをエリア 0.0.0.0 OSPFに追加します。

  5. レイヤー 3 ネットワークに接続するインターフェイスで PIM を有効にします。

  6. レイヤー 3 ネットワークに接続するインターフェイスを、OSPF 0.0.0.0 に追加します。

  7. PIM ランデブー ポイントのアドレスを設定します。

  8. VLAN を作成し、ドメインにマッピングVXLAN、マルチキャスト グループ アドレスを仮想ネットワークに割りVXLAN。ポリシー グループのすべてのメンバー VXLAN同じマルチキャスト グループ アドレスを使用する必要があります。

    この例では、 vlan-id と の両方 vni が に設定されています 100 。これを実現できるのは明快で明快な使い方ですおよび を同じ値に vlan-id 設定 vni する必要があります。

  9. (オプション)カプセル化を開始した後に、元の VLAN タグ(内部イーサネット パケット内)を保持VXLANします。デフォルトでは、パケットがカプセル化されている場合、元のタグはドロップされます。

  10. (オプション)リモート VTEP(他の QFX5100 スイッチ)のアドレスをエイジアウトするシステムを設定します。この場合、その MAC アドレスから学習した MAC アドレスVTEPします。リモート デバイスのアドレスはVTEPされたセッションの有効期限が切れた後の数秒でMAC アドレスします。

    (オプション)カプセル化をオフにし、元の VLAN タグをパケット内で受け入VXLANします。デフォルトでは、パケットのカプセル化が完了すると、保持されたVLANタグがドロップされます。

  11. レイヤー 3 ネットワークに接続するインターフェイスを設定します。

    スイッチQFX5100-96S 2の場合、アドレスを使用 10.2.2.200.

  12. 複数の VLAN をサポートするために、サーバー側のインターフェイスを設定します。

    注:

    この例では 1 つの VLAN のみを示すので、この例ではこのステップは必須ではありません。ただし、実際の設定では、複数の VLAN に接続された複数の VM をサポートするために必要になります。この場合は、VLAN を追加してマッピングをVXLANする必要があります。

  13. エリア 0.0.0.0.0.にマッピングされている全インターフェイスで、このOSPFを有効にします。

結果

設定モードから、設定を確認するには、 QFX5100-96S 1 で次のコマンドを入力します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

到達可能性VXLAN検証

目的

QFX5100-96S 1で、リモートVTEP(QFX5100-96S 2)との接続性を確認します。

アクション
意味

VTEP QFX5100-96S 2 上のパケットに到達できるのは、その IP アドレス(ループバック インターフェイスに割り当てられたアドレス)が出力に表示されるからです。出力はまた、インターフェイス VXLAN(VNI 100)と対応するマルチキャスト グループがリモート インターフェイスで正しく設定VTEP。

ローカル インターフェイスが正VTEP構成されていることを検証する

目的

QFX5100-96S 1で、トンネル エンドポイントが正しいか検証します。

アクション

user@switch> show ethernet-switching vxlan-tunnel-end-point source

Logical System Name       Id  SVTEP-IP         IFL   L3-Idx
<default>                 0   10.1.1.1     lo0.0    0 
L2-RTT                   Bridge Domain              VNID     MC-Group-IP
default-switch           VLAN1+100                  100      233.252.0.2

意味

QFX5100-96S 1 の VTEP スイッチは、正しいトンネル 送信元 IP アドレス(ループバック インターフェイスに割り当て)、VLAN、マルチキャスト グループを示VXLAN。

リモート ネットワークからの MAC 学習のVTEP

目的

QFX5100-96S 1で、リモートデバイスからMACアドレスを学習VTEP。

アクション

user@switch> show ethernet-switching table

MAC flags (S - static MAC, D - dynamic MAC, L - locally learned, P - Persistent static
           SE - statistics enabled, NM - non configured MAC, R - remote PE MAC)
Ethernet switching table : 2 entries, 2 learned
Routing instance : default-switch
    Vlan                MAC                 MAC         Age    Logical
    name                address             flags              interface
    VLAN1                00:00:00:ff:ff:ff   D             -   vtep.12345
    VLAN1                00:10:94:00:00:02   D         -       xe-0/0/0.0

意味

この出力は、リモート デバイスから学習したMACアドレスVTEP(通常のレイヤー2インターフェイスで学習したアドレスに加えて)を示します。また、上の出力にある()リモート インターフェイス インターフェイスVTEP vtep.12345 名も表示されます。

リモート インターフェイスの監視

目的

QFX5100-96S 1では、リモート インターフェイスインターフェイスのトラフィック詳細をVTEPします。

アクション

user@switch> show interface vtep.12345 detail

M    Flags: Up SNMP-Traps Encapsulation: ENET2
    VXLAN Endpoint Type: Remote, VXLAN Endpoint Address: 10.1.1.2, L2 Routing Instance: default-switch, L3 Routing Instance: default
    Traffic statistics:
     Input  bytes  :         228851738624
     Output bytes  :                    0
     Input  packets:            714162415
     Output packets:                    0
    Local statistics:
     Input  bytes  :                    0
     Output bytes  :                    0
     Input  packets:                    0
     Output packets:                    0
    Transit statistics:
     Input  bytes  :         228851738624                    0 bps
     Output bytes  :                    0                    0 bps
     Input  packets:            714162415                    0 pps
     Output packets:                    0                    0 pps
    Protocol eth-switch, MTU: 1600, Generation: 277, Route table: 5

意味

この出力は、リモート インターフェイスインターフェイスのトラフィックVTEP示します。この情報を取得するには、リモートVTEPインターフェイスの論理名(上記出力のvtep.12345)を指定する必要があります。これは コマンドを使用して学習できます show ethernet-switching table

ネイバー OSPF検証

目的

QFX5100-96S 1では、リモートVTEP(QFX5100-96S 2)がリモートネイバーとして確立OSPFします。

アクション
意味

出力は、QFX5100-96S 2上のインターフェイスxe-0/0/0.0が状態にある、つまり Full QFX5100-96S 2が完全に隣接している状態を示しています。また Full 、この状態は、レイヤー 3 接続が QFX5100-96S 1 と QFX5100-96S 2 の間に存在することを意味します。