Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

グレースフル リスタートのOSPF

グレースフル リスタートOSPF概要

グレースフル リスタートにより、再起動するルーティング デバイスが、隣接するネイバーとそのピアに状態を通知できます。グレースフル再起動中も、再起動するデバイスとその近隣は、ネットワーク パフォーマンスを中断することなく、パケットの転送を継続します。近隣デバイスが再起動を支援(これらのネイバーは「呼び出される」)ため、再起動するデバイスは、アルゴリズムを再計算せずに、すぐに完全な動作を再開できます。

注:

単一のネイバーを持つブロードキャスト リンクでは、隣接ノードが OSPFv3 のグレースフル リスタート操作を開始すると、ローカル ルーティング デバイスがヘルパーの役割を引き受するときに、その時点で再起動が終了する可能性があります。LSA の変更はトポロジの変更と見なされ、近隣の再起動操作が終了します。

グレースフル リスタートはデフォルトで無効になっています。すべてのルーティング プロトコルでグローバルでグレースフルリスタートを有効にするか、特別な再起動をOSPF。

このトピックでは、以下の情報について説明します。

グレースフル リスタートのためのヘルパー モード

デバイスが正常に再起動OSPFすると、転送テーブルで再起動する前に学習したルートが保持されます。デバイスでは、リンク状態アドバタイズOSPF(LSA)で新しいデバイスによる更新をルーティング テーブル。このデバイスは、リスタート期間中もOSPFネイバー(またはヘルパー ルーター)にトラフィックを転送し続け、再起動時には限られた数の LSA のみを送信します。ネイバーとのOSPF確立を再確立するには、再起動するデバイスがすべてのネイバーに猶予期間 LSA を送信する必要があります。応答として、ヘルパー ルーターはヘルパー モード(グレースフル リスタートを試みる近隣デバイスを支援する機能)に入り、再起動するデバイスに確認応答を返します。トポロジーの変更がない場合、ヘルパー ルーターは、再起動したデバイスが継続的なサーバー運用に残っている場合でも、LSA のアドバタイズをOSPFします。

注:

ルーティング プラットフォームを起動すると、グレースフル リスタートが有効になっていない場合でも、ヘルパー モードはデフォルトで有効になります。特別な設定に対してヘルパー モードをOSPFできます。

再起動するデバイスがヘルパー ルーターからの返信を受信すると、再起動するデバイスはルートを選択し、転送テーブルを更新して、古いルートを破棄します。この時点で、OSPF 完全な隣接関係が再確立され、再起動するデバイスは、通常どおり LSA をOSPFし、処理します。ヘルパー ルーターが再起動するデバイスから猶予期間 LSA を受信しなくなった場合、またはネットワークのトポロジーが変更された場合、ヘルパー ルーターも通常の運用を再開します。

Junos OS リリース 11.4 から、OSPFv2 グレースフル リスタート設定のリスタート シグナリングベース ヘルパー モードを設定できます。Junos OS 実装は、RFC 4811、OSPF アウトオブバンド リンクステート データベース (LSDB)再同期、RFC 4812、OSPF Restart Signaling、RFC4813、OSPF Link-Local Signalingをベースにしています。再起動するシグナリングベースのヘルパー モード実装では、再起動するデバイスは、再起動が完了した後にのみ、再起動のステータスを近隣に通知します。再起動が完了すると、再起動するデバイスは、hello パケット ヘッダーにリスタート信号(RS)ビット セットを設定した hello メッセージをヘルパー ルーターに送信します。ヘルパー ルーターがヘッダーに RS ビット セットが設定された hello パケットを受信すると、ヘルパー ルーターは再起動するデバイスに hello メッセージを返します。ヘルパー ルーターからの返信 hello メッセージには、ResyncState フラグと ResyncTimeout タイマーが含まれているので、再起動するデバイスで、同じヘルパー ルーターと同期しているヘルパー ルーターを追跡できます。すべてのヘルパーが同期を完了すると、再起動するデバイスは再起動モードを終了します。

注:

再起動シグナリングベースのグレースフル リスタート ヘルパー モードは、OSPFv3 設定ではサポートされていません。

計画および計画外のグレースフル リスタート

OSPFは、計画的再起動と計画外の再起動の 2 種類をサポートします。計画された再起動中、再起動するルーティング デバイスは、再起動する前に近隣に通知します。ネイバーは、ルーティング デバイスがまだネットワーク トポロジー内にあるかのように機能し、再起動するルーティング デバイスにトラフィックを転送し続ける。猶予期間は、ネイバーが再起動するルーティング デバイスをトポロジーの一部として考慮すべき時期を指定するために設定されています。計画外の再起動中、ルーティング デバイスは警告なしで再起動します。

例: グレースフル リスタートのOSPF

この例では、ユーザー インターフェイス専用にグレースフル リスタートを設定する方法OSPF。

要件

開始する前に、以下を実行します。

概要

グレースフル リスタートにより、再起動するルーティング デバイスが、隣接するネイバーとそのピアに状態を通知できます。グレースフル再起動中も、再起動するルーティング デバイスとその近隣は、ネットワーク パフォーマンスを妨げることなくパケットの転送を継続します。デフォルトでは、グレースフルリスタートは無効になっています。階層レベルにステートメントを含めてすべてのルーティング プロトコルでグレースフル リスタートをグローバルに有効にすることもできます。また、階層レベルにステートメントを含めて graceful-restart [edit routing-options] 、OSPF graceful-restart [edit protocols (ospf|ospf3)] 専用のグレースフル リスタートを有効にすることもできます。

最初の例は、グレースフル リスタートを有効にし、猶予期間間隔のオプション設定を設定する方法を示しています。この例では、インターフェイス fe-1/1/1 および fe-1/1/2 は OSPF エリア 0.0.0.0 にあります。これらのインターフェイスは、グレースフル リスタート用に設定します。グレースフル再起動OSPFの猶予期間間隔は、 通知 期間の間隔と再起動時間の間隔の合計と等しいかそれ以下と 判断されます 。猶予期間は、ルーティング デバイスとそのネイバー間の接続状態に関係なく、ルーティング デバイスのネイバーがルーティング デバイスを完全に隣接してアドバタイズし続ける秒の数です。

ステートメントは、ルーティング デバイスが、すべてのインターフェイスに対してパージされた猶予期間リンク状態アドバタイズメント(LSA)を送信することで、グレースフル リスタートが完了したとヘルパー ルーターに通知する時間(秒)を設定します。 notify-duration デフォルトでは、ルーティング デバイスはグレース LSA を 30 秒間送信します。範囲は1~3600秒です。

ステートメントは、ルーティング デバイスが各エリアからネイバーを再設定するために待機する時間(秒)OSPF restart-duration 設定します。デフォルトでは、ルーティング デバイスの使用に 180 秒が許可されます。範囲は1~3600秒です。

次の例では、 ステートメントを含めてグレースフル リスタートをOSPFする方法を示 disable しています。

トポロジ

構成

ネットワークのグレースフル リスタートOSPF

CLI迅速な設定

デバイスのグレースフルリスタートをOSPFするには、以下のコマンドをコピーしてデバイスに貼りCLI。

手順

ネットワークのグレースフル リスタートを有効OSPF:

  1. インターフェイスを設定します。

    注:

    OSPFv3 については、IPv6 アドレスを使用します。

  2. インターフェイスOSPF インターフェイスのインターフェイスを設定します。

    注:

    OSPFv3 を指定するには、ステートメント ospf3 を階層レベルに [edit protocols] 含てます。

  3. グローバルでのグレースフル リスタートの設定

  4. グレースフル リOSPFを設定します。

  5. (オプション)再起動時間を設定します。

  6. (オプション)通知期間を設定します。

  7. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

および コマンドを入力して設定 show interfaces を確認 show protocols ospf します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

OSPFv3 設定を確認するには、 および コマンド show interfaces を入力 show protocols ospf3 します。

デバイスのグレースフル リスタートのOSPF

CLI迅速な設定

OSPF のグレースフル リスタートを迅速に無効にするには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更し、 [edit] 階層レベルでコマンドを CLI にコピー アンド ペーストして、設定モードから を入力します。 commit

手順

デバイスのグレースフル リスタートを無効OSPF:

  1. プロトコルのグレースフル リスタートOSPF無効にします。

    このコマンドは、グローバルでグレースフル リスタート設定に影響を与えるではありません。

    注:

    OSPFv3 を指定するには、ステートメント ospf3 を階層レベルに [edit protocols] 含てます。

  2. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

コマンドを入力して設定を確認 show protocols ospf します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

OSPFv3 設定を確認するには、 コマンドを入力 show protocols ospf3 します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

グレースフル リOSPFの構成の検証

目的

グレースフルリスタート設定OSPFに関する情報を検証します。

アクション

動作モードから、 show ospf overview OSPFv2 の コマンドを入力します。 show ospf3 overview OSPFv3 の コマンドを入力します。

意味

[再起動] フィールドには、有効または無効になっているグレースフル リスタートのステータスが表示されます。[再起動時間] フィールドには、再起動したルーティング デバイスがすべてのネイバーの再確認に必要OSPFします。リスタート猶予期間フィールドには、再起動したルーティング デバイスをトポロジーの一部として考慮すべき時間が表示されます。

グレースフル リスタート ステータスの検証

目的

グレースフル リスタートのステータスを検証します。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show route instance detail します。

意味

[再起動の状態] フィールドには [保留中] が表示されます。再起動が完了していない場合は、または再起動が完了した場合は完了します。[パス選択タイムアウト] フィールドは、グレースフル 再起動が完了すると宣言されるまでの残りの時間を示します。詳細な [再起動状態] フィールドには、指定されたデバイスのグレースフル リスタートが完了している、または未完了のプロトコルのリストがルーティング テーブル。

例: OSPFv2 グレースフル リスタートのヘルパー機能モードの設定

この例では、OSPFv2 グレースフル リスタートのヘルパー モード機能を無効にして再設定する方法を示しています。

要件

開始する前に、以下を実行します。

概要

ユーザーがOSPFのヘルパー機能により、隣接するルーティング デバイスがグレースフル リスタートを試みるのを支援します。デフォルトでは、ルーティング プラットフォームを起動すると、ヘルパー機能がグローバルに有効になります。つまり、グレースフルリスタートがグローバルで有効になっていない場合、または特にデバイスで有効になっている場合でも、OSPFを開始すると、ヘルパー機能が有効OSPF。グレースフル リスタート設定をさらに変更して、ヘルパー機能を無効にできます。

Junos OS リリース 11.4 から、OSPFv2 グレースフル リスタート設定のリスタート シグナリングベース ヘルパー モードを設定できます。デフォルトでは、標準モードと再起動シグナリングベースのヘルパー モードの両方が有効になっています。

最初の例では、インターフェイス fe-1/1/1 および fe-1/1/2 は OSPFv2 エリア 0.0.0.0 にあります。グレースフル リスタート用にこれらのインターフェイスを設定します。次に、 ステートメントを含めて、標準的な OSPFv2 グレースフル リスタート ヘルパー機能を無効 helper-disable standard にします。この設定は、シグナリング ベースのグレースフル リスタートを再起動するように設定された他のベンダー機器が含まれている環境の場合に便利です。

注:

ステートメント helper-disableno-strict-lsa-checking ステートメントを同時に設定することはできません。両方のステートメントを同時に設定しようとすると、コマンドを入力すると、ルーティング デバイスに警告メッセージが表示 show protocols ospf されます。

次の例では、最初の例で無効にした標準的な OSPFv2 リスタート ヘルパー機能を再び有効にする方法を示します。

トポロジ

構成

OSPFv2 のヘルパー モードの無効化

CLI迅速な設定

ヘルパー モードが無効になっている OSPFv2 のグレースフル リスタートを迅速に有効にするには、以下のコマンドをコピーしてデバイス に貼りCLI。

手順

ヘルパー モードが無効になっている OSPFv2 のグレースフル リスタートを有効にするには、次の方法に示します。

  1. インターフェイスを設定します。

  2. インターフェイスで OSPFv2 を設定する

  3. OSPFv2 グレースフル リスタート ヘルパー機能を無効にします。

    OSPFv2 グレースフル リスタート ヘルパー機能を無効にした場合、厳格な LSA チェックを無効にすることはできません。

    [edit]
    user@host# set protocols ospf graceful-restart helper-disable standard
    

  4. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

および コマンドを入力して show interfaces 設定を確認 show protocols ospf します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

OSPFv2 の再設定ヘルパー モード

CLI迅速な設定

OSPFv2 の標準ヘルパーモードを迅速に有効にするには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更し、 [edit] 階層レベルでコマンドを CLI にコピー アンド ペーストして、設定モードから を入力します。 commit

注:

リスタートシグナリングベースのヘルパー モードを有効にする場合は、 ステートメントを含 restart-signaling にします。標準とリスタート シグナリングベースのヘルパー モードの両方を有効にするには、 ステートメントを含 both にします。

手順

OSPFv2 の標準ヘルパー モードを有効にするには、以下の方法に従います。

  1. OSPFv2 設定から標準ヘルパーモード ステートメントを削除します。

  2. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

標準ヘルパー モードを有効にした後、コマンドはグレースフル show protocols ospf リスタート設定を表示しなくなりました。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

OSPFv2 グレースフル リスタート設定の検証

目的

OSPFv2 グレースフル リスタート設定に関する情報を検証します。[再起動] フィールドには、グレースフル リスタートのステータスが有効または無効になっている場合は [グレースフル リスタート ヘルパー モード] フィールドには、有効または無効になっている標準ヘルパー モード機能のステータスが表示され、[ 再起動シグナリング ヘルパー モード] フィールドには、再起動シグナリング ベースのヘルパー モードのステータスが有効または無効になっている場合に表示されます。デフォルトでは、標準モードとリスタート シグナリングベースのヘルパー モードの両方が有効になっています。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show ospf overview します。

グレースフル リスタート ステータスの検証

目的

グレースフル リスタートのステータスを検証します。[再起動状態] フィールドには、再起動が完了していない場合は [保留中] が表示されます。再起動が完了した場合は [完了] になります。[パス選択タイムアウト] フィールドは、グレースフル 再起動が完了すると宣言されるまでの残りの時間を示します。グレースフル リスタートを完了したプロトコルのリスト、または指定したデバイスのグレースフル リスタートがまだ完了していないプロトコルのリストを表示する、より詳細な再起動状態フィールドルーティング テーブル。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show route instance detail します。

例: OSPFv3 グレースフル リスタートのヘルパー機能モードの設定

この例では、OSPFv3 グレースフル リスタートのヘルパー モード機能を無効にして再設定する方法を示しています。

要件

開始する前に、以下を実行します。

概要

ユーザーがOSPFのヘルパー機能により、隣接するルーティング デバイスがグレースフル リスタートを試みるのを支援します。デフォルトでは、ルーティング プラットフォームを起動すると、ヘルパー機能がグローバルに有効になります。つまり、グレースフルリスタートがグローバルで有効になっていない場合、または特にデバイスで有効になっている場合でも、OSPF時にヘルパー機能が有効OSPF。グレースフル リスタート設定をさらに変更して、ヘルパー機能を無効にできます。

最初の例では、インターフェイス fe-1/1/1 および fe-1/1/2 は OSPFv3 エリア 0.0.0.0 にあります。グレースフル リスタート用にこれらのインターフェイスを設定します。次に、 ステートメントを含めて、OSPFv3 グレースフル リスタート ヘルパー機能を無効 helper-disable にします。

注:

ステートメント helper-disableno-strict-lsa-checking ステートメントは、同時に設定することはできません。両方のステートメントを同時に設定しようとすると、コマンドを入力すると、ルーティング デバイスに警告メッセージが表示 show protocols ospf されます。

次の例では、最初の例で無効にした OSPFv3 リスタート ヘルパー機能を再び有効にする方法を示します。

トポロジ

構成

OSPFv3 のヘルパー モードの無効化

CLI迅速な設定

ヘルパー モードが無効になっている OSPFv3 のグレースフル リスタートを迅速に有効にするには、以下のコマンドをコピーしてデバイス に貼りCLI。

手順

ヘルパー モードが無効になっている OSPFv3 のグレースフル リスタートを有効にするには、次の方法に示します。

  1. インターフェイスを設定します。

  2. インターフェイスで OSPFv3 を設定する

  3. OSPFv3 グレースフル リスタート ヘルパー機能を無効にします。

    OSPFv3 のグレースフル リスタート ヘルパー機能を無効にした場合、厳格な LSA チェックを無効にすることはできません。

    [edit]
    user@host# set protocols ospf3 graceful-restart helper-disable 
    

  4. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

および コマンドを入力して show interfaces 設定を確認 show protocols ospf3 します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

OSPFv3 の再設定ヘルパー モード

CLI迅速な設定

OSPFv3 のヘルパー モードをすばやく有効にするには、以下のコマンドをコピーして、そのコマンドを別のツールにCLI。

手順

OSPFv3 のヘルパー モードを有効にする方法は、以下の方法で行います。

  1. OSPFv3 設定から標準ヘルパーモード ステートメントを削除します。

  2. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

標準ヘルパー モードを有効にした後、コマンドはグレースフル リスタート show protocols ospfs 設定を表示しなくなりました。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

OSPFv3 グレースフル リスタート設定の検証

目的

OSPFv3 のグレースフル リスタート設定に関する情報を検証します。[再起動] フィールドには有効または無効になっているグレースフル リスタートのステータスが表示され、[ ヘルパー モード] フィールドにはヘルパー モード機能のステータスが有効または無効のいずれかとして表示されます。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show ospf3 overview します。

グレースフル リスタート ステータスの検証

目的

グレースフル リスタートのステータスを検証します。[再起動状態] フィールドには、再起動が完了していない場合は [保留中] が表示されます。再起動が完了した場合は [完了] になります。[パス選択タイムアウト] フィールドは、グレースフル 再起動が完了すると宣言されるまでの残りの時間を示します。グレースフル リスタートを完了した、または指定したデバイスのグレースフル リスタートがまだ完了していないプロトコルのリストを表示する、より詳細な [再起動状態] フィールドルーティング テーブル。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show route instance detail します。

例: 正常な再起動のために厳格な LSA OSPFを無効にする

この例では、グレースフル リスタートの厳格なリンク状態アドバタイズメント(LSA)チェックを無効OSPF方法を示しています。

要件

開始する前に、以下を実行します。

概要

支援するルーターによるグレースフル リスタートの終了を防止するために、厳格な LSA チェックを無効にできます。このオプションは、他のベンダーのデバイスとの相互運用性を実現する場合に設定できます。厳格な LSA OSPFを無効にした場合、グレースフル リスタート ヘルパー機能を有効にする必要があります。デフォルトでは、LSA チェックは有効になっています。

この例では、インターフェイス fe-1/1/1 および fe-1/1/2 は OSPF エリア 0.0.0.0 にあります。これらのインターフェイスは、グレースフル リスタート用に設定します。次に、 ステートメントを含めて厳格な LSA チェックを無効 no-strict-lsa-checking にします。

注:

ステートメント helper-disableno-strict-lsa-checking ステートメントを同時に設定することはできません。両方のステートメントを同時に設定しようとすると、コマンドを入力すると、ルーティング デバイスに警告メッセージが表示 show protocols ospf されます。

トポロジ

構成

手順

CLI迅速な設定

厳格な LSA チェックが無効な状態でデバイスのグレースフル リスタートをOSPFするには、以下のコマンドをコピーしてデバイス に貼りCLI。

手順

厳格な LSA チェックが無効になっている状態OSPFのグレースフル リスタートを有効にするには、次の方法に従います。

  1. インターフェイスを設定します。

    注:

    OSPFv3 については、IPv6 アドレスを使用します。

  2. インターフェイスOSPFの設定と設定

    注:

    OSPFv3 を指定するには、ステートメント ospf3 を階層レベルに [edit protocols] 含てます。

  3. 厳格な LSA チェックを無効にします。

    厳しい LSA チェックを無効にした場合、OSPFのリスタート ヘルパー機能を有効にする必要があります(これはデフォルトの動作です)。

    [edit]
    user@host# set protocols ospf graceful-restart no-strict-lsa-checking
    

  4. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

および コマンドを入力して show interfaces 設定を確認 show protocols ospf します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

OSPFv3 の設定を確認するには、 および コマンド show interfaces を入力 show protocols ospf3 します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

グレースフル リOSPFの構成の検証

目的

グレースフルリスタート設定OSPFに関する情報を検証します。[再起動] フィールドには、有効または無効になっているグレースフル リスタートのステータスが表示されます。

アクション

動作モードから show ospf overview OSPFv2 の コマンドを入力し show ospf3 overview 、OSPFv3 の コマンドを入力します。

グレースフル リスタート ステータスの検証

目的

グレースフル リスタートのステータスを検証します。[再起動の状態] フィールドには、再起動が完了していない場合は [保留中] が表示されます。再起動が完了した場合は [完了] になります。[パス選択タイムアウト] フィールドは、グレースフル 再起動が完了すると宣言されるまでの残りの時間を示します。グレースフル リスタートを完了したプロトコルのリスト、または指定したデバイスのグレースフル リスタートがまだ完了していないプロトコルのリストを表示する、より詳細な再起動状態フィールドルーティング テーブル。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show route instance detail します。