Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

reference-bandwidth (Protocols OSPF)

構文

階層レベル

説明

デフォルト インターフェイス コストの計算に使用する参照帯域幅を設定します。コストは、以下の式を使用して計算されます。

オプション

reference-bandwidth:帯域幅をビット/秒で参照します。

  • 範囲 :9600~4,000,000,000ビット

  • デフォルト :100 Mbps(100,000,000 ビット)

注:

デフォルトの動作は、リファレンス帯域幅値を使用してインターフェイスのコストOSPFします。ステートメントを使用して特定のコストを設定OSPFインターフェイスで、この動作を上書き metric できます。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定に表示します。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

リリース realm 9.2 で紹介されたステートメントJunos OSサポート。

スイッチ向 realm けJunos OS リリース 9.2 で紹介されたステートメントEX シリーズ。