Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

スイッチ向けイーサネット OAM および CFM

SUMMARY このセクションでは、スイッチのジュニパーネットワークススイッチとジュニパーネットワークスJunosオペレーティングシステム(Junos OS)で、運用、管理、管理(OAM)のIEEE 802.1ag標準をサポートする方法について説明します。

スイッチのイーサネット OAM 接続障害管理について

IEEE 802.1ag 仕様は、イーサネット接続障害管理(CFM)を提供します。CFM は、1 つ以上のサービス インスタンスで構成される可能性のあるイーサネット ネットワークを監視し、ネットワーク侵害の接続障害を検出します。

CFMの主な機能は次のとおりです。

  • 継続性チェック プロトコルを使用した障害監視。これは、VLANレベルで隣接関係を検出および維持するネイバーディスカバリーおよびヘルスチェックプロトコルです。

  • linktraceプロトコルを使用したパス検出と障害検証。

  • ループバックプロトコルを使用した障害分離。

CFM は、サービス ネットワークをさまざまな管理ドメインにパーティション化します。たとえば、運用担当者、プロバイダ、顧客は、さまざまな管理ドメインの一部である場合があります。各管理ドメインは、1 つの保守ドメインにマッピングされ、独自の管理を実行するのに十分な情報を提供するため、セキュリティ侵害を回避し、エンドツーエンドの監視を可能にします。

CFM 保守ドメインでは、各サービス インスタンスを保守アソシエーションと呼びます。メンテナンスアソシエーションは、同様の特性を持つメンテナンスアソシエーションエンドポイント(MEP)のフルメッシュと考えることができます。MEPは、CFMプロトコルメッセージを生成して応答するアクティブなCFMエンティティです。また、MEPと同様のCFMエンティティであるメンテナンス中間ポイント(MIP)もありますが、よりパッシブ(MIPはCFMメッセージにのみ応答)があります。

各保守ドメインは、0~7 の保守ドメイン・レベルに関連付けられています。レベル割り当ては、外部ドメインが内部ドメインよりも高いレベルに割り当てられるネットワーク階層に基づいています。顧客のエンド ポイントが最高の保守ドメイン レベルを持つよう設定します。メンテナンス ドメイン レベルは、さまざまなメンテナンス ドメイン間のネスト関係を示す必須パラメーターです。レベルは、各 CFM フレームに埋め込まれています。特定のレベル内の CFM メッセージは、そのレベルの MEP によって処理されます。

イーサネット インターフェイスで CFM を有効にするには、保守ドメイン、保守アソシエーション、およびメンテナンス アソシエーション エンド ポイント(MEP)を設定する必要があります。 図 1 は、スイッチ上に設定された保守ドメイン、保守アソシエーションエンドポイント(MEP)、およびメンテナンス中間ポイント(MIC)間の関係を示しています。

図 1: MEP、MIP、保守ドメインレベル間の関係 MEP、MIP、保守ドメインレベル間の関係

EX4600スイッチのCFMの制限

Junos OS リリース 18.3R1 以降、Junos OS は EX4600 で CFM サポートを提供します。EX4600 での CFM サポートには、以下の制限があります。

  • CFM サポートは、フィルターを使用してソフトウェアを介して提供されます。これはスケーリングに影響を与える可能性があります。

  • インライン パケット転送エンジン(PFE)モードはサポートされていません。インライン PFE モードでは、パケット転送エンジン(PFE)に定期的なパケット管理(PPM)処理を委任できるため、パケット処理が高速化し、サポートされる CCM 間隔は 10 ミリ秒です。

  • パフォーマンス監視(ITU-T Y.1731 イーサネット サービス OAM)はサポートされていません。

  • 1 秒未満の CCM 間隔はサポートされていません。

  • CFMは、ルーテッド・インターフェースおよびアグリゲート・イーサネット(lag)インターフェースではサポートされていません。

  • MIPハーフ機能は、MIP機能を2つの一方向セグメントに分割してネットワークカバレッジを改善する場合、サポートされていません。

  • UP MEPはサポートされていません。

  • サポートされる CFM セッションの総数は 20 です。

QFX5120、QFX5200、QFX5210シリーズスイッチのCFMの制限

Junos OSリリース18.4R1以降、Junos OSはQFX5200スイッチとQFX5210スイッチでCFMサポートを提供します。Junos OS リリース 19.4R1 以降、Junos OS は QFX5120 スイッチで CFM サポートを提供します。QFX5120、QFX5200、 QFX5210シリーズスイッチでのCFMサポートには、以下の制限があります。

  • CFM サポートは、フィルターを使用してソフトウェアを介して提供されます。これはスケーリングに影響を与える可能性があります。

  • インライン パケット転送エンジン(PFE)モードはサポートされていません。インライン PFE モードでは、パケット転送エンジン(PFE)に定期的なパケット管理(PPM)処理を委任できるため、パケット処理が高速化し、サポートされる CCM 間隔は 10 ミリ秒です。

  • パフォーマンス監視(ITU-T Y.1731 イーサネット サービス OAM)はサポートされていません。

  • 1 秒未満の CCM 間隔はサポートされていません。

  • CFMは、ルーテッド・インターフェースおよびアグリゲート・イーサネット(lag)インターフェースではサポートされていません。

  • MIPハーフ機能は、MIP機能を2つの一方向セグメントに分割してネットワークカバレッジを改善する場合、サポートされていません。

  • UP MEPはサポートされていません。

  • サポートされる CFM セッションの総数は 20 です。

イーサネット OAM 接続障害管理の設定(CLI 手順)

ジュニパーネットワークス EX シリーズ イーサネット スイッチ上のイーサネット インターフェイスと EX シリーズ スイッチ用ジュニパーネットワークス Junos OS は、OAM(運用、管理、管理)の IEEE 802.1ag 標準をサポートしています。IEEE 802.1ag 仕様は、イーサネット接続障害管理(CFM)を提供します。

注:

この機能は、アグリゲート イーサネット(LAG)インターフェイス上の EX4300 スイッチではサポートされていません。

このトピックでは、以下のタスクについて説明します。

保守ドメインの作成

保守ドメインは、オペレーター、プロバイダ、顧客などのネットワークエンティティで構成されています。イーサネット インターフェイスで接続障害管理(CFM)を有効にするには、保守ドメイン、保守アソシエーション、MEP を作成する必要があります。

保守ドメインを作成するには、以下の手順にいます。

  1. 保守ドメインの名前を指定します。
  2. 保守ドメイン名の形式を指定します。を指定 noneした場合、名前は設定されていません。
    • プレーンなASCII文字列

    • ドメイン名サービス(DNS)形式

    • MAC(メディアアクセス制御)アドレスと0~65,535の範囲の2オクテット識別子

    • none

    例えば、名前形式をMACアドレスに加えて2オクテット識別子として指定するには:

  3. このドメインと他のドメインのネスト関係を示すために使用される保守ドメイン・レベルを構成します。0~7 の値を使用します。

保守ドメイン MIP 半機能の設定

注:

MIPハーフ機能(MHF)は、EX4600、QFX5200、QFX5210スイッチではサポートされていません。

MIPハーフ機能(MHF)は、メンテナンスアソシエーションの中間点(MIP)機能を2つの一方向セグメントに分割し、最小限の設定で可視性を向上させ、監視できるポイントの数を増やすことでネットワークカバレッジを改善します。MHFは、ループバックおよびリンクトレースメッセージに応答することで監視機能を拡張し、障害の分離に役立ちます。MIP が設定されるたびに、すべての保守ドメインと保守アソシエーションに対する MIP の機能半分の値が同じでなければなりません。

MIP ハーフ機能を設定するには:

保守アソシエーションの作成

CFM 保守ドメインでは、各サービス インスタンスを保守アソシエーションと呼びます。

保守アソシエーションを作成するには、以下の手順にいます。

導通チェック プロトコルの設定

継続性チェック プロトコルは、メンテナンス アソシエーション内の MEP(メンテナンス アソシエーション エンド ポイント)による障害検知に使用されます。MEP は、継続性チェック マルチキャスト メッセージを定期的に送信します。受信側の MEP は、CCCM(継続性チェック メッセージ)を使用して、メンテナンス アソシエーション内のすべての MEP の MEP データベースを構築します。

導通チェック プロトコルを設定するには:

  1. 導通チェック プロトコルを有効にします。
  2. 連続性チェック保留間隔を指定します。保留間隔は、更新が発生しない場合に MEP データベースをフラッシュするまでの待機時間(分)です。デフォルト値は10分です。
  3. CCM 間隔を指定します。間隔は、CCM の送信間の時間です。10分(10m)、1分(1m)、10秒(10秒)、1秒(1秒)、100ミリ秒(100ミリ秒)、または10ミリ秒(10ミリ秒)を指定できます。
    注:

    EX4600、QFX5200、QFX5210スイッチでは、1秒未満のCCM間隔はサポートされていません。

  4. MEP がダウンとしてマークされる前に失われる可能性のある CCM(つまり、プロトコル データ ユニット)の数を指定します。PDU(プロトコル データ ユニット)のデフォルト数は 3 です。

保守アソシエーションエンドポイントの設定

メンテナンスアソシエーションのエンドポイントを設定するには:

  1. MEP の ID を指定します。値は 1~8191 です。
  2. 同じメンテナンス アソシエーションのすべてのリモート MEP から MEP が CCM(継続性チェック メッセージ)を受け入れる必要がある場合は、メンテナンス エンドポイントの自動検出を有効にします。
  3. CFMパケット(CCM)がMEPに対して一方向にのみ送信されるように指定できます。つまり、方向を、 down このMEPに設定されたインターフェイスから(にではなく)からのみ送信するように設定することができます。
  4. MEPが接続されている論理インターフェイスを指定します。アクセス インターフェイスまたはトランク インターフェイスのいずれかが可能です。トランク インターフェイスを指定した場合、そのインターフェイスに関連付けられた VLAN には VLAN ID が必要です。
    注:

    複数の VLAN に属するアクセス インターフェイスを MEP に関連付けることはできません。

  5. CCM が予想されるリモート MEP を設定できます。自動検出が有効になっていない場合は、 ステートメントの下でリモート MEP を構成する mep 必要があります。ステートメントの下で mep リモートMEPが設定されていない場合、リモートMEPのCCMはエラーとして扱われます。

接続障害管理アクションプロファイルの設定

アクションプロファイルを設定し、設定されたイベントのいずれかが発生したときに実行するアクションを指定できます。または、リモートMEPへの接続に失敗した場合に、アクションプロファイルを設定し、デフォルトアクションを指定することもできます。

アクションプロファイルを設定するには:

  1. アクション・プロファイルの名前を指定します。
  2. アクションプロファイルのアクションを設定します。
  3. アクション・プロファイルの下に 1 つ以上のイベントを構成すると、そのイベントが発生して、対応するアクションが実行されるようにトリガーされます。

Linktrace Protocol の設定

Linktrace プロトコルは、1 組の保守ポイント間のパス検出に使用されます。リンクトレース メッセージは、 コマンドを使用して traceroute 管理者によってトリガーされ、同じメンテナンス アソシエーションの下で 1 組の MEP 間のパスを検証します。リンクトレース メッセージは、同じメンテナンス ドメインの下で MEP と MIP 間のパスを検証するためにも使用できます。

linktraceプロトコルを設定するには:

  1. リンクトレースパスのエージングタイマーを設定します。リンクトレース要求に対する応答を受信しなかった場合、age タイマーが終了すると、要求および応答エントリーは削除されます。
  2. リンクトレース要求ごとに保存されるリンクトレース応答エントリーの数を構成します。

例:EX シリーズ スイッチでのイーサネット OAM 接続障害管理の設定

EX シリーズ スイッチ上のイーサネット インターフェイスと EX シリーズ スイッチ用 Junos OS は、OAM(運用、管理、管理)の IEEE 802.1ag 標準をサポートしています。IEEE 802.1ag 仕様は、イーサネット接続障害管理(CFM)を提供します。

この例では、ギガビット イーサネット インターフェイスで OAM CFM を有効にして設定する方法について説明します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • EX シリーズ スイッチの Junos OS リリース 10.2 以降

  • ポイントツーポイント ギガビット イーサネット リンクで接続された 2 台の EX シリーズ スイッチ

概要とトポロジー

CFM を使用して、2 台のスイッチ間の物理リンクを監視できます。次の例では、2 つのスイッチがポイントツーポイント ギガビット イーサネット リンクで接続されています。これら 2 つのスイッチ間のリンクは CFM を使用して監視されます。

スイッチ1でのイーサネットOAM接続障害管理の設定

CLI クイックコンフィギュレーション

イーサネット OAM CFM を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、スイッチの端末ウィンドウに貼り付けます。

手順

手順

スイッチ 1 で OAM CFM を有効にして設定するには、

  1. 保守ドメイン名の形式を指定します。

  2. 保守ドメイン名と保守ドメイン・レベルを指定します。

  3. 保守アソシエーションを作成します。

  4. 導通チェックプロトコルを有効にし、継続性チェックの保留間隔を指定します。

  5. メンテナンスアソシエーションエンドポイント(MEP)を設定します。

結果

設定の結果を確認します。

スイッチ2でのイーサネットOAM接続障害管理の設定

CLI クイックコンフィギュレーション

イーサネット OAM CFM を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、スイッチの端末ウィンドウに貼り付けます。

手順

手順

スイッチ 2 の設定は、スイッチ 2 の設定をミラーリングします。

  1. 保守ドメイン名の形式を指定します。

  2. 保守ドメイン名と保守ドメイン・レベルを指定します。

  3. 保守アソシエーションを作成します。

  4. 導通チェックプロトコルを有効にし、継続性チェックの保留間隔を指定します。

  5. 保守アソシエーションエンドポイント(MEP)の設定

結果

設定の結果を確認します。

検証

設定が正常に機能していることを確認するには、次のタスクを実行します。

OAM CFMが正しく設定されていることを確認する

目的

OAM CFM が正しく設定されていることを確認します。

対処

コマンドを show oam ethernet connectivity-fault-management interfaces detail 使用します。

サンプル出力
コマンド名
意味

接続性チェックステータスが で、リモート MEP の詳細が enabled 出力に表示される場合、CFM(接続障害管理)が正しく設定されていることを意味します。