Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

イーサネット OAM および CFM(イーサネット OAM)と CFM スイッチ

SUMMARY このセクションでは、スイッチ向け ジュニパーネットワークス スイッチ および ジュニパーネットワークス Junos オペレーティング システム(Junos OS)のイーサネット インターフェイスが、OAM(運用、管理、管理)の IEEE 802.1ag 規格をサポートする方法について説明します。

イーサネット OAM 接続に関するスイッチの障害管理について

IEEE 802.1 ag 仕様は、イーサネットの接続性障害管理 (CFM) に対応しています。CFM は、1つまたは複数のサービスインスタンスで構成されるイーサネットネットワークを監視し、ネットワークに悪影響を与える接続障害を検出します。

CFM の主な特長は以下のとおりです。

  • ビジネス継続性チェックプロトコルを使用した障害監視。これは、VLAN レベルで隣接関係を検出して維持する、近傍検索および稼働状況チェックプロトコルです。

  • リンクトレースプロトコルを使用したパス探索と障害検証。

  • ループバックプロトコルを使用した障害分離。

CFM では、サービスネットワークをさまざまな管理ドメインに分割しています。たとえば、事業者、プロバイダ、および顧客は、さまざまな管理ドメインの一部になっている場合があります。各管理ドメインは、1つの保守ドメインにマップされ、自身の管理を実行するための十分な情報を提供するため、セキュリティ侵害を防ぎ、エンドツーエンドの監視を可能にします。

CFM 保守ドメインでは、各サービスインスタンスを保守関連と呼んでいます。保守関連は、同様の特性を持つ保守アソシエーションエンドポイント (MEPs) の完全なメッシュと考えることができます。MEPs は、CFM のプロトコルメッセージを生成して応答するアクティブな CFM エンティティです。また、MEP のような CFM の実体である MIP (メンテナンス中間ポイント) もありますが、さらにパッシブなのは、その他の受動的なものです。

各保守ドメインは、0 ~ 7 の保守ドメインレベルに関連付けられています。レベルの割り当ては、外部ドメインに内部ドメインよりも高いレベルが割り当てられているネットワーク階層に基づいています。最上位の保守ドメインレベルを持つように、顧客エンドポイントを構成します。保守ドメインレベルは、さまざまな保守ドメイン間のネスト関係を示す必須パラメーターです。このレベルは、各 CFM フレームに埋め込まれています。特定のレベルでの CFM メッセージは、同じレベルの MEPs によって処理されます。

イーサネットインターフェイスで CFM を有効にするには、メンテナンスドメイン、保守アソシエーション、および保守関連エンドポイント (MEPs) を設定する必要があります。図 1は、メンテナンスドメイン間、スイッチに設定された保守関連エンドポイント (meps)、保守中間ポイント (MIPs) の関係を示しています。

図 1: MEPs、MIPs、保守の各ドメインレベル間の関係MEPs、MIPs、保守の各ドメインレベル間の関係

EX4600 スイッチに関する CFM の制限事項

リリース Junos OSリリース18.3R1、Junos OSで CFM サポートを提供EX4600。EX4600 における CFM のサポートには、以下のような制約があります。

  • CFM のサポートは、フィルタを使用してソフトウェアを介して提供されます。これは拡張に影響を与える可能性があります。

  • インラインパケット転送エンジン (PFE) モードはサポートされていません。インライン PFE モードでは、定期的なパケット管理 (PPM) 処理をパケット転送エンジン (PFE) に委任することができます。これにより、パケット処理が高速化し、CCM interval がサポートされるようになります。10ミリ秒です。

  • パフォーマンス監視 (ITU-T Y y.1731 イーサネットサービス OAM) はサポートされていません。

  • 1秒未満の CCM 間隔はサポートされていません。

  • CFM は、ルーティングインターフェイスと集約型イーサネット (lag) インターフェイスではサポートされていません。

  • MIP ハーフ機能は、MIP 機能を2つの単一のセグメントに分割して、ネットワークのカバレージを向上させることはできません。

  • Up MEP はサポートされていません。

  • サポートされている CFM セッションの総数は20です。

QFX5200 スイッチと QFX5210-64C スイッチの CFM の制限事項

最初のリリース Junos OSから、18.4R1 スイッチJunos OSスイッチおよびスイッチで CFM QFX5200サポートQFX5210されます。QFX5200 スイッチおよび QFX5210-64C スイッチの CFM サポートには、以下のような制約があります。

  • CFM のサポートは、フィルタを使用してソフトウェアを介して提供されます。これは拡張に影響を与える可能性があります。

  • インラインパケット転送エンジン (PFE) モードはサポートされていません。インライン PFE モードでは、定期的なパケット管理 (PPM) 処理をパケット転送エンジン (PFE) に委任することができます。これにより、パケット処理が高速化し、CCM interval がサポートされるようになります。10ミリ秒です。

  • パフォーマンス監視 (ITU-T Y y.1731 イーサネットサービス OAM) はサポートされていません。

  • 1秒未満の CCM 間隔はサポートされていません。

  • CFM は、ルーティングインターフェイスと集約型イーサネット (lag) インターフェイスではサポートされていません。

  • MIP ハーフ機能は、MIP 機能を2つの単一のセグメントに分割して、ネットワークのカバレージを向上させることはできません。

  • Up MEP はサポートされていません。

  • サポートされている CFM セッションの総数は20です。

イーサネット OAM 接続障害管理 (CLI 手順) の構成

ジュニパーネットワークス EX シリーズイーサネットスイッチ上のイーサネットインターフェイスと EX シリーズスイッチのジュニパーネットワークス Junos OS は、運用、管理、管理 (OAM) のための IEEE 802.1 ag 標準をサポートしています。IEEE 802.1 ag 仕様は、イーサネットの接続性障害管理 (CFM) に対応しています。

注:

この機能は、LAG(アグリゲート イーサネットEX4300スイッチのスイッチではサポートされていません。

このトピックでは、以下のタスクについて説明します。

メンテナンスドメインの作成

保守ドメインは、オペレータ、プロバイダ、顧客などのネットワークエンティティで構成されています。イーサネットインターフェイスで接続障害管理 (CFM) を有効にするには、保守ドメイン、保守アソシエーション、および MEPs を作成する必要があります。

メンテナンスドメインを作成するには、次のようにします。

  1. メンテナンスドメインの名前を指定してください:
  2. メンテナンスドメイン名の形式を指定します。指定noneした場合、名前は構成されません。
    • プレーン ASCII 文字文字列

    • DNS (ドメインネームサービス) 形式

    • 0 ~ 65535 の範囲で、メディアアクセス制御 (MAC) アドレスと2オクテットの識別子を加算した値

    • none

    たとえば、MAC アドレスとして名前形式と2オクテット識別子を指定するには、以下のようにします。

  3. 保守ドメインレベルを設定します。これは、このドメインと他のドメイン間のネスト関係を示すために使用されます。0 ~ 7 の値を使用します。

メンテナンスドメイン MIP ハーフ機能の設定

注:

MIP ハーフ機能 (MHF) は、EX4600、QFX5200、QFX5210-64C スイッチではサポートされていません。

MIP ハーフ機能 (MHF) では、保守関連中間点 (MIP) 機能が2つの単一セグメントに分割され、最小構成での可視化が向上し、ネットワークのカバレッジが向上します。中. MHF は、ループバックとリンクトレースメッセージに応答することで、障害の特定をサポートすることで、監視機能を拡張します。MIP が設定されている場合、すべてのメンテナンスドメインとメンテナンス関連の MIP ハーフ機能値は同じでなければなりません。

MIP ハーフ機能を設定するには、次のようにします。

保守関連の作成

CFM 保守ドメインでは、各サービスインスタンスを保守関連と呼んでいます。

保守関連を作成するには、次のようにします。

連続性チェックプロトコルの設定

継続性チェックプロトコルは、保守関連エンドポイント (MEP) による障害検知に使用されます。MEP は、連続性のあるマルチキャストメッセージを定期的に送信します。受信側 Ps は、ビジネス継続性チェック・メッセージ (CCMs) を使用して、保守関連のすべての MEPs of MEPS データベースを構築します。

連続性確認プロトコルを設定するには、次のようにします。

  1. 連続性チェックプロトコルを有効にします。
  2. 連続性チェック保留間隔を指定します。保留間隔は、更新が発生しない場合に MEP データベースがフラッシュされるまでの待機時間 (分) です。デフォルト値は10分です。
  3. CCM 間隔を指定します。この間隔は、CCMs が送信されるまでの時間です。10分 (1,000万)、1分 (1m)、10秒 (10s)、1秒 (1s)、100ミリ秒 (100ms)、または10ミリ秒 (10ms) を指定できます。
    注:

    EX4600、QFX5200、および QFX5210-64C スイッチでは、1秒未満の CCM 間隔はサポートされていません。

  4. MEP-down とマークされる前に失われる可能性がある CCMs (プロトコルデータユニット) の数を指定します。デフォルトのプロトコルデータユニット (Pdu) 数は3です。

保守関連のエンドポイントの設定

保守関連エンドポイントを設定するには、次のようにします。

  1. MEP の ID を指定します。1 ~ 8191 の値を指定できます。
  2. メンテナンスエンドポイントの自動検出を有効にするには、MEP は、同じ保守関連のすべてのリモート Ps からの継続のチェックメッセージ (CCMs) を受け入れる必要があります。
  3. MEP の一方向にのみ CFM パケット (CCMs) を伝送するように指定することができます。つまり、方向をdown設定して、ccms がこの mep で設定されたインターフェイスに対してのみ送信されるようにします。
  4. MEP がアタッチされている論理インタフェースを指定します。アクセスインターフェイスまたはトランクインターフェイスのいずれかを指定できます。トランクインターフェイスを指定する場合、そのインタフェースに関連付けられている VLAN には、VLAN ID が必要です。
    注:

    MEP は、複数の Vlan に属しているアクセスインターフェースを関連づけることはできません。

  5. CCMs が予想されるリモート MEP を設定できます。自動検出が有効になっていない場合は、リモート MEP mepを文の下で設定する必要があります。リモート MEP が文のmep下で設定されていない場合、リモート mep からの ccms はエラーとして扱われます。

接続障害管理アクションプロファイルの設定

アクションプロファイルを設定し、設定されたイベントが発生した場合に実行するアクションを指定できます。または、アクションプロファイルを設定し、リモートの MEP への接続に失敗した場合にデフォルトのアクションを指定することもできます。

アクションプロファイルを設定するには、次の操作を行います。

  1. アクションプロファイルの名前を指定します。
  2. アクションプロファイルのアクションを設定します。
  3. アクションプロファイルで1つ以上のイベントを設定すると、それが発生すると、それに対応するアクションが実行されます。

Linktrace プロトコルの設定

リンクトレースプロトコルは、1組の保守ポイント間のパス検出に使用されます。Linktrace メッセージは、管理者がtracerouteコマンドを使用して、同じ保守関連の meps との間のパスを確認するためにトリガーされます。Linktrace メッセージを使用して、MEP と MIP との間のパスを同じ保守ドメインで検証することもできます。

Linktrace プロトコルを構成するには、次のようにします。

  1. Linktrace path age timer を構成します。Linktrace 要求に対する応答が受信されなかった場合は、経過時間タイマーが満了すると、リクエストと応答エントリが削除されます。
  2. リンクトレース応答エントリ数を、linktrace 要求ごとに格納するように設定します。

例:EX シリーズスイッチでのイーサネット OAM 接続の障害管理の構成

Ex シリーズスイッチのイーサネットインターフェイスと Junos OS は、運用、管理、管理 (OAM) のための IEEE 802.1 ag 標準をサポートしています。IEEE 802.1 ag 仕様は、イーサネットの接続性障害管理 (CFM) に対応しています。

この例では、CFM のギガビットイーサネットインターフェイスで OAM を有効にして設定する方法について説明します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • EX シリーズスイッチの Junos OS リリース10.2 以降

  • ポイントツーポイントのギガビットイーサネットリンクで接続された2つの EX シリーズスイッチ

概要とトポロジー

CFM は、2台のスイッチ間の物理リンクを監視するために使用できます。次の例では、2つのスイッチがポイントツーポイントのギガビットイーサネットリンクによって接続されています。これら2つのスイッチ間のリンクは、CFM を使用して監視されます。

スイッチ1でイーサネット OAM 接続の障害管理を構成する

CLI クイック構成

イーサネット OAM CFM を簡単に設定するには、以下のコマンドをコピーしてスイッチ端末ウィンドウに貼り付けます。

手順

順を追った手順

スイッチ1で OAM CFM を有効化および設定するには、次のようにします。

  1. メンテナンスドメイン名の形式を指定します。

  2. メンテナンスドメイン名とメンテナンスドメインレベルを指定します。

  3. 保守関連の作成:

  4. 連続性確認プロトコルを有効にし、連続性確認の保留間隔を指定します。

  5. 保守関連エンドポイント (MEP) の設定:

結果

構成の結果を確認してください。

スイッチ2でイーサネット OAM 接続の障害管理を構成しています

CLI クイック構成

イーサネット OAM CFM を簡単に設定するには、以下のコマンドをコピーしてスイッチ端末ウィンドウに貼り付けます。

手順

順を追った手順

スイッチ2ではスイッチ2上の設定がミラーリングされています。

  1. メンテナンスドメイン名の形式を指定します。

  2. メンテナンスドメイン名とメンテナンスドメインレベルを指定します。

  3. 保守関連の作成:

  4. 連続性確認プロトコルを有効にし、連続性確認の保留間隔を指定します。

  5. 保守関連エンドポイント (MEP) の構成

結果

構成の結果を確認してください。

検証

構成が正常に機能していることを確認するには、以下のタスクを実行します。

OAM CFM が適切に設定されていることを確認する

目的

OAM CFM が適切に設定されていることを確認します。

アクション

次のshow oam ethernet connectivity-fault-management interfaces detailコマンドを使用します。

サンプル出力
command-name

出力に、連続性チェックステータスがenabled表示され、リモート mep の詳細が表示される場合、接続障害管理 (CFM) が適切に設定されていることを意味します。