Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

vlan (Port Mirroring)

Syntax

Hierarchy Level

ELS なしのプラットフォーム用:

ELS を使用するプラットフォーム用:

Description

input文の中で使用する場合は、VLAN に出入りするトラフィックをミラーリングするように指定します。(このステートメントはステートメント内ingressegressinputまたはステートメント内に含めることができます。すべてのスイッチでegressステートメントでサポートされているわけではありoutputません)。ステートメントで使用した場合、ミラー化されたトラフィックを VLAN に送信してリモートモニタリングするように指定します。

一部のスイッチでは、出力 (analyzer) VLAN のメンバーにできるのは1つのインターフェイスのみです。この制限は、トラフィックが受信時にミラーリングされている場合、QFX10000 スイッチには適用されません。この場合、複数の QFX10000 インターフェイスを出力 VLAN に所属させることができます。また、トラフィックはこれらのすべてのインターフェイスにミラーリングします。QFX10000 スイッチでの送信時にトラフィックがミラーリングされた場合、1つのインターフェイスのみが analyzer VLAN のメンバーになることができます。

Options

vlan-id—数字で示した VLAN identifer。

vlan-name— VLAN の名前。

no-tag—リモート ミラーリング されたパケットに、出力(アナライザ)VLAN のタグがタグ付けされない設定を指定します。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース11.1 で導入されました。

QFX シリーズoutput vlanの Junos OS リリース12.1 で追加されたオプションです。

Junos OSno-tagリリース 15.1 X53-D10 で QFX10000 スイッチ用に追加されたオプションです。