Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

twamp-client

Syntax

Hierarchy Level

Description

2方向アクティブ測定プロトコル (TWAMP) クライアント構成を定義します。クライアントは、既知のポート862でサーバーへの TCP 接続を開きます。TCP 接続を開始するホストは、制御クライアントとセッション送信元の役割を実行します。TCP 接続を確認するホストは、サーバーとセッションリフレクタの役割を受け入れます。

Options

client

TWAMP クライアント構成。

authentication-mode

クライアントが受け入れる認証モードのセット。

  • なし

destination-port

ユーザーデータグラムプロトコル (UDP) またはプローブが送信される伝送制御プロトコル (TCP) ポートのいずれかを示します。

  • 862

history-size

保存された履歴エントリーの数。

  • 50

  • 0-500

moving-average-size

統計計算を行うためのサンプル数。

  • 0

  • 0-1024

routing-instance

テストセッションで使用されるルーティングインスタンスです。

target-address

プローブに使用される宛先アドレスまたは URL。

test-count

テストセッションの反復回数の合計。

  • 0

  • 0-4,294,967,290

test-interval

テスト間で待機する秒数。

  • 1

  • 1-255

test-session

テストセッションの詳細。

data-fill-with-zeros

オプションが定義されている場合、テストパケット値はゼロになります。オプションが定義されていない場合は、擬似乱数がデータとして更新されます。

dscp-code-points

DiffServ コードポイントビットまたはエイリアスは、テストのプローブの UDP データまたはテストセッションでのテストパケットに使用されます。

  • 0

probe-count

テスト当たりのプローブの総数です。

  • 1

  • 1-4,294,967,290

thresholds

テストしきい値。

traps

しきい値に達した場合、送信する場合はトラップを行います。

control-connection-closed

制御接続が閉じられたときにトラップを生成します。

test-iteration-done

制御接続下にあるすべてのテストセッションで1回のテストイテレーションを完了した場合にトラップを生成します。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース前のリリースでJunos OSしたステートメント15.1X49-D110。