Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions (Resource Monitor)

Syntax

Hierarchy Level

Description

メモリリソース使用率プロセスのトレース操作を定義します。

Options

ファイル ファイル名

トレース操作の出力を受信するファイルの名前。すべてのファイルがディレクトリ/var/logに配置されます。

  • rmopd

ファイル 番号

ナ最も古いものを上書きする前に作成するトレースファイルの最大数。最大ファイル数を指定する場合は、 sizeオプションを使用して最大ファイルサイズも指定する必要があります。

  • 2 ~ 1000

  • 3ファイル

正規表現 を一致

ナ正規表現を含む行を含むように出力を調整します。

size maximum-file-size

ナ各トレースファイルの最大サイズデフォルトでは、入力した数値はバイトとして扱われます。また、キロバイト (KB)、メガバイト (MB)、またはギガバイト (GB) を示す数字のサフィックスを含めることもできます。最大ファイルサイズを指定する場合は、 filesオプションを使用して最大数のトレースファイルを指定する必要があります。

  • 10 KB ~ 1 GB

  • 128 KB

world-readable

ナ無制限のファイルアクセスを有効にします。

no-world-readable

値無制限のファイルアクセスを無効にします。つまり、ログファイルは、トレース操作を構成したユーザーによってのみアクセスできます。

フラグ フラグ

実行するトレース操作です。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。以下のフラグを含めることができます。

  • all:すべての運用をトレースします。

Required Privilege Level

trace — このステートメントを設定に表示するには。

trace-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース15.1 で導入されました。