Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions (SNMP)

Syntax

Hierarchy Level

Description

スイッチ上の SNMP エージェントの活動を追跡し、その情報をログファイルに記録します。

注:

このtraceoptionsステートメントは、qfabric システムではサポートされていません。

トレース操作の出力は、 /var/logディレクトリ内のログファイルに格納されます。各ログファイルには、それを生成する SNMP エージェントの名前が付けられています。文が使用されると、 /var/logディレクトリに次のログが作成されます。 traceoptions

  • chの sd

  • craftd

  • ilmid

  • mib2d

  • rmopd

  • か所

  • snmpd

Options

file filename—デフォルトでは、トレース出力を記録するログ ファイルの名前は、トレースされるプロセスの名前(mib2d、snmpd など)です。別の名前を指定するには、このオプションを使用します。

files number—(オプション)SNMP サブエージェント当たりの最大トレース ファイル数。トレースファイル (snmpd など) が最大サイズに達すると、その名前は snmpd に変更されてアーカイブされます。 0.前の snmpd の名前は、snmpd に変更されます。2など。最も古いアーカイブファイルが削除されます。

  • 2 ~ 1000 ファイル

  • 10ファイル

flag flag:動作を追跡して実行します。複数のトレース操作を指定するには、 flag以下のステートメントを含めます。

  • all—すべての SNMP イベントをログに記録します。

  • configuration—階層レベルでの設定のログ [edit snmp] 読み取り。

  • database—ストレージに関するイベントや情報をイベント データベースにログに記録します。

  • events—重要なイベントをログに記録します。

  • general—一般的なイベントのログを記録します。

  • interface-stats:物理インターフェイスと論理インターフェイスの統計情報をログに記録します。

  • nonvolatile-sets—非vola snmp set request 処理のログ保存

  • pdu—SNMP リクエストと応答パケットのログを記録します。

  • policy—ログ ポリシーの処理。

  • protocol-timeouts—SNMP 応答タイムアウトのログを記録します。

  • routing-socket—ルーティング ソケット コールのログ保存。

  • server—イベントを生成しているプロセスとの通信をログに記録します。

  • subagent—サブエージェントの再起動のログ。

  • timer-events—内部で生成されたイベントをログに記録します。

  • varbind-error—ログ変数バインディング エラー。

match regular-expression—(オプション)出力を改良して、正規表現を含む行を含める。

size size—(オプション)各トレース ファイルが閉じ、アーカイブされる前の最大サイズ(キロバイト(KB))。

  • 10 KB ~ 1 GB

  • 1000 KB

world-readable | no-world-readable—(オプション)デフォルトでは、トレース操作を設定したユーザーだけがログ ファイルにアクセスできます。このworld-readableオプションを選択すると、すべてのユーザーがファイルを読み取ることができます。デフォルトの動作を明示的に設定するno-world-readableには、オプションを使用します。

Required Privilege Level

snmp — このステートメントを設定で表示するには。

snmp-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース11.1 で導入されました。