Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

source-address (SNMP)

Syntax

Hierarchy Level

Description

送信インターフェイスに関係なく、このルーターから1つのアドレスに送信されるすべての SNMP トラップパケットの送信元アドレスを設定します。送信元アドレスが指定されていない場合、デフォルトでは発信インターフェースのアドレスが送信元アドレスとして使用されます。

Options

address—SNMP トラップの送信元アドレス。トラップパケットの送信元アドレスは、次の2つの方法で設定できます。lo0ルーターインターフェイスのいずれかに構成されている有効な IPv4 アドレス。この値lo0は、すべての SNMP トラップパケットの送信元アドレスが、インターフェイスlo0で設定された最小ループバックアドレスにセットされることを示します。

  • 無効. 送信元アドレスはアウトゴーイングインターフェイスのアドレスです。

Required Privilege Level

snmp — このステートメントを設定で表示するには。

snmp-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース7.4 の前に導入された文。