Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ip-monitoring (Services)

Syntax

Hierarchy Level

Description

IP 監視を構成します。

Options

withdraw—RPM が宛先のプローブに失敗した場合、プライマリ ルートを削除します。したがって トラフィックはルートテーブル内で他のルートを選択できます他のルートが存在しない場合、トラフィックはドロップされます。コマンドを実行すると、出力でルートのステータスが表示され、この show services ip-monitoring statusWITHDRAWED ルートが削除されます。詳細 については、「 show services ip-monitoring status 」 を参照してください。

direct-next-hop- この設定は、ネクスト ホップを要求します。これは直接である必要があります。この設定は、その他の種類のホップを無視します。

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

Required Privilege Level

services — このステートメントを設定で表示するには。

services-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース10.4 で導入されました。

Junos OS Release 15.1 X49 discard -D60 から開始するこのオプションに対応するサポートが追加されています。

このオプションに withdraw 対して追加されたサポートは、Junos OSリリース20.3R1。

direct-next-hop リリースリリースJunos OS導入20.4R1。