Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

report (Security Log)

Syntax

Hierarchy Level

Description

セキュリティログレポート設定を設定します。

オンボックスレポートは、セキュリティ管理チームが発生時にセキュリティイベントを特定し、イベントに関する関連情報を即座にアクセスして確認し、適切な是正措置を迅速に決定する包括的なレポート機能を提供します。

On box reporting 機能は、Junos OS Release 15.1 X49-D100 を搭載した SRX シリーズデバイスでデフォルトで有効になっています。

Junos OS 15.1 X49-D100 よりも前に SRX シリーズデバイスを Junos OS のリリースからアップグレードする場合、デフォルトではオンボックスのレポート機能は無効になっています。デバイスのオンボックスレポートset security log report機能を有効にするには、このコマンドを実行する必要があります。

Options

レポート

ログレポートを有効にします。

ログ-テーブルごと

各テーブルのログ番号。

idp

Idp の数をログに記録します。

  • SRX300、SRX320、SRX340、SRX345、SRX550、SRX550M で、vSRX: 4万 ~ 8万

  • 40000

  • SRX1500、SRX4100、SRX4200 の場合: 50万 ~ 100万

  • 500000

  • SRX4600: 1333333 ~ 2666666

  • 1333333

ipsec-vpn

IPsec VPN 数をログに記録します。

  • SRX300、SRX320、SRX340、SRX345、SRX550、SRX550M で、vSRX: 26666 ~ 26666

  • 26666

  • SRX1500、SRX4100、SRX4200 の場合: 333333 ~ 333333

  • 333333

  • SRX4600: 666666 ~ 666666

  • 666666

解像度

スクリーン数をログに記録します。

  • SRX300、SRX320、SRX340、SRX345、SRX550、SRX550M で、vSRX: 4万 ~ 8万

  • 40000

  • SRX1500、SRX4100、SRX4200 の場合: 50万 ~ 100万

  • 500000

  • SRX4600: 1333333 ~ 2666666

  • 1333333

セッションすべて

セッション数をログに記録します。

  • SRX300、SRX320、SRX340、SRX345、SRX550、SRX550M で、vSRX: 8万 ~ 80万

  • 80000

  • SRX1500: 533333 ~ 5333333

  • 533333

  • SRX4100 と SRX4200 の場合: 666666 ~ 6666666

  • 666666

  • SRX4600: 100万 ~ 1000万

  • 1000000

空の数をログに記録します。

  • SRX300、SRX320、SRX340、SRX345、SRX550、SRX550M で、vSRX: 4万 ~ 8万

  • 40000

  • SRX1500、SRX4100、SRX4200 の場合: 50万 ~ 100万

  • 500000

  • SRX4600: 1333333 ~ 2666666

  • 1333333

utm

UTM の数をログに記録します。

  • SRX300、SRX320、SRX340、SRX345、SRX550、SRX550M で、vSRX: 4万 ~ 8万

  • 40000

  • SRX1500、SRX4100、SRX4200 の場合: 50万 ~ 100万

  • 500000

  • SRX4600: 1333333 ~ 2666666

  • 1333333

テーブル有効期間

テーブルのライフタイムの日数

  • 90

  • 0 ~ 365

テーブルモード

テーブル高密度モードを有効にします。

Required Privilege Level

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

Release Information

Junos OS Release 15.1 X49-D100 で導入されたステートメント

[名前の logical-systems セキュリティ ログ編集] と [ tenants テナント 名のセキュリティ ログの 編集]の階層レベルは、Junos OSリリース 19.1R1。

table-modeJunos OS リリース 19.4 R1 で追加されたオプションです。