Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions (Security Log)

Syntax

Hierarchy Level

Description

セキュリティログトレースオプションを構成します。

Options

  • file—トレース ファイル オプションを設定します。

    • filename—トレース操作の出力を受け取るファイルの名前。名前は二重引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリ/var/logに配置されます。デフォルトでは、ファイルの名前は、トレース対象のプロセスの名前になります。

    • files number—最大トレース ファイル数。トレースファイルの名前trace-fileが最大サイズに達すると、トレースファイル数trace-file.0が上限trace-file.1に達するまで、名前が変更されて、その後、その後、その後になります。最も古いアーカイブファイルが上書きされます。

      最大ファイル数を指定する場合は、 sizeオプションとファイル名を使用して、最大ファイルサイズを指定する必要があります。

      値2 ~ 1000 ファイル

      値10ファイル

    • match regular-expression—正規表現を含む行を含める場合は、出力を改善します。

    • size maximum-file-size—各トレース ファイルの最大サイズ(KB)、メガバイト(MB)、またはギガバイト(GB) トレースファイルの名前trace-fileがこのサイズに達すると、名前trace-file.0が変更されます。trace-fileこれが最大サイズに達すると、 trace-file.0名前がtrace-file.1変更trace-fileされtrace-file.0、名前が変更されることになります。このスキームの名前は、トレースファイルが最大数に達するまで続けられます。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

      最大ファイルサイズを指定する場合は、 filesオプションとファイル名を使用して、最大数のトレースファイルも指定する必要があります。

      構文x KKB を指定するx m場合、MB を指定x gする場合、または GB を指定する場合は、

      値10 KB ~ 1 GB

      値128 KB

    • world-readable | no-world-readable—デフォルトでは、トレース操作を設定したユーザーだけがログ ファイルにアクセスできます。このworld-readableオプションを選択すると、すべてのユーザーがファイルを読み取ることができます。デフォルトの動作を明示的に設定するno-world-readableには、オプションを使用します。

  • flag:実行するトレース操作。複数のflagステートメントを含めるには、2つ以上のトレース操作を指定します。

    • all— すべてのフラグが有効になっている Trace

    • configuration—設定イベントをトレースします。

    • hpl— Trace HPL ロギング

    • report— トレース レポート

    • source—セキュリティ ログ 転送者と通信する

  • no-remote-trace—リモート トレースを無効にしたとして設定します。

Required Privilege Level

trace — このステートメントを設定に表示するには。

trace-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース9.2 で変更されています。

[名前の logical-systems セキュリティ ログ の編集] と [ tenants テナント 名のセキュリティ ログの編集 Junos OS] の階層レベルは、このリリース リリース 19.1R1。