Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リモートエンジン

構文

階層レベル

説明

ユーザーベースのセキュリティモデル (USM) のリモートエンジン情報を設定します。リモートデバイス上の SNMPv3 ユーザーに通知メッセージを送信するには、ユーザーが存在するリモートデバイス上で SNMP エージェントのエンジン識別子を設定する必要があります。

オプション

engine-id—エンジン識別子を 16 進形式で指定します。リモートホスト上でユーザーに送信されたパケットの認証と暗号化のためのセキュリティダイジェストを計算するために使用されます。

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

必須の権限レベル

snmp — このステートメントを設定で表示するには。

snmp-control — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース7.4 で導入されました。