Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

next-hop グループ (ポートミラーリング)

構文

階層レベル

説明

パケットのコピーをアナライザーに送信するための次ホップアドレスを指定します。この設定では、トンネル PIC を使用せずに、MX シリーズルーターおよび EX シリーズスイッチでのマルチパケットポートミラーリングを可能にします。

次ホップグループにインターフェイスが1つしか設定されていない場合、コミット操作は失敗します。サブグループ内の複数のインターフェイスが稼働している場合にのみ、サブ構成が存在することを暗黙的に前提としています。

オプション

group-name—ネクストホップ グループの名前。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース9.6 で導入されました。