Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

lowest-priority-defect

Syntax

Hierarchy Level

Description

CFM が欠陥を検出した場合に障害アラームを生成できる最も優先度の低い障害を指定します。この設定は MEP レベルで行われます。

Options

以下の優先度の最も低い障害オプションのいずれかを指定します。

all-defects

すべての欠陥を許可します。

err-xcon

誤った CCM および相互接続の CCM 障害のみが許可されます。

mac-rem-err-xcon

MAC のみ、CCM、誤った CCM、および相互接続障害を許可しません。

no-defect

欠陥はありません。

rem-err-xcon

CCM、誤った CCM、および相互接続 CCM の障害を受信していないことを許可します。

xcon

クロスコネクト CCM の障害のみを許可します。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース10.0 で導入されました。