Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

論理システム

構文

階層レベル

説明

SNMP v1 および v2c クライアントの論理システム名を指定します。

[edit snmp trap-options]階層レベルに追加して、SNMP トラップの送信元アドレスとして論理システムアドレスを指定します。

マルチ・システム[edit snmp v3 target-address]名を、SNMPv3 トラップまたは通知用の宛先アドレスとして指定する場合は、階層レベルに含めます。

オプション

logical-system-name– 論理システムの名前。

routing-instance routing-instance-name– 論理システムに関連付けられたルーティング インスタンスを指定するステートメント。

必須の権限レベル

snmp — このステートメントを設定で表示するには。

snmp-control — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース9.3 で導入された文

注:

logical-systemステートメントはlogical-routerステートメントに置き換わるもので、リリース8.3 以降の Junos OS との下位互換性があります。