Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リンク検出

構文

階層レベル

説明

IEEE 802.3 ah の運用、管理、保守 (OAM) リンク障害管理 (LFM) のサポートに使用される検出モードを指定します。検出プロセスは、OAM 802.3 の ah 機能がインターフェイス上で有効になっている場合に自動的にトリガーされます。リンク監視は、インターフェイスが定期的な OAM Pdu を送信したときに実行されます。

オプション

アクティブ— アクティブ モードでは、ピアが 802.3ah OAM 機能もサポートしている場合、インターフェイスはリンク上のピアをIEEEして監視します。

パッシブ—パッシブ モードでは、ピアが検出プロセスを開始します。

検出プロセスが開始されると、両方の側が証拠開示に参加します。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース9.4 で導入されました。