Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

level

Syntax

Hierarchy Level

Description

接続障害管理 (CFM) メッセージで使用される番号。保守の関連付けを識別します。この数値は、各 CFM フレームに埋め込まれています。特定のレベルでの CFM メッセージは、同じレベルのメンテナンスエンドポイント (MEPs) によって処理されます。たとえば、オペレータードメインはレベル0、プロバイダドメインはレベル3、顧客のドメインはレベル7にすることができます。

Options

number—CFM メッセージが属する保守ドメインを識別するために使用される番号。

  • 0 ~ 7

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース8.4 で導入されました。