Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

latency-threshold

Syntax

Hierarchy Level

Description

ネットワーク分析キュー統計監視が有効になっている場合は、キューの遅延しきい値の高値と低値(マイクロ秒)を指定します。遅延しきい値を設定した場合、深度しきい値は設定できません。遅延しきい値は、1 つのインターフェイスまたはすべてのインターフェイスに設定できます。高遅延と低遅延のしきい値を指定します。

注:

特定のインターフェイスの設定は、すべてのインターフェイスのグローバル設定に取って代わるものです。

Options

い数値

遅延しきい値の最大値を指定します。

  • 範囲:

    • Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降:1~100,000,000 ナノ秒(0.001~100,000 マイクロ秒)

    • Junos OS リリース 13.2X51-D10 以前-1~100,000 マイクロ秒

  • 既定:

    • Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降:1,000,000 ナノ秒(1000 マイクロ秒または 1 ミリ秒)

    • Junos OS リリース 13.2X51-D10-1000 マイクロ秒

    • Junos OS リリース 13.2X50-D15—900 マイクロ秒

数字が少ない

遅延しきい値の最小値を指定します。

  • 範囲:

    • Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降:1~100,000,000 ナノ秒

    • Junos OS リリース 13.2X51-D10 以前-1~100,000 マイクロ秒

  • 既定:

    • Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降—100 ナノ秒(0.1 マイクロ秒)

    • Junos OS リリース 13.2X51-D10-50 マイクロ秒

    • Junos OS リリース 13.2X50-D15—300 マイクロ秒

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 13.2 で導入されたステートメント。

[edit services analytics resource-profiles] Junos OS リリース 13.2X51-D15 で導入された階層レベルのステートメント。