Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

interval

Syntax

Hierarchy Level

Description

接続障害検出戦略の一環として、連続性のあるビジネスチェックメッセージ (CCMs) を連続送信する間隔を設定します。受信保守関連のエンドポイント (MEP) が設定された間隔で CCM を受信しなかっloss-thresholdた場合、送信した mep が down とマークされる前に失われる ccms の数が文によって決定されます。このhold-intervalステートメントは、更新がない場合に、保守関連 (MA) 内の meps データベースがフラッシュされる頻度を決定します。

注:

連続性チェック間隔が 3.3 ms に設定されている場合、実際の間隔は 4ms (250 pps) になります。

統合型インサービスソフトウェアアップグレード (ISSU) では、ピアデバイスがジュニパーネットワークスルーターでない場合、Junos OS 接続障害管理 (CFM) が動作します。別のベンダーのルーターと相互運用する場合、ジュニパーネットワークスルーターはセッション情報を保持し、統合型 ISSU アップグレード中も CCM (連続性チェックメッセージ) Pdu を送信し続けます。この機能を機能させるには、 hardware-assisted-keepalivesステートメントでキープアライブをパケット転送エンジン有効にし、ccms 間の間隔を1秒intervalに設定してステートメントを指定する必要があります。

注:

連続性の確認メッセージ間隔を10ミリ秒に設定するために、周期的なパケット管理 (PPM) は、デフォルトでパケット転送エンジンルーティングエンジンに実行されます。パケット転送エンジンでのみ PPM を無効にすることができます。パケット転送エンジンの PPM を無効にするにはno-delegate-processing[edit routing-options ppm]階層レベルで明細書を使用します。

注:

ラベル交換インターフェイス (LSI) 上の CFM セッションでは、10ミリ秒の連続性確認間隔がサポートされていません。

Options

100ms—100 ミリ秒。

10m—10 分です。

10ms—10 ミリ秒。

10s—10 秒

1m—1 分

1s—1 秒です。

3.3ms—3.3 ミリ秒。

  • 1m

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース8.4 で導入されました。

Junos OS 10msリリース9.1 で導入されたオプションです。

Junos OS リリース17.1 で導入された統合型サービスソフトウェアアップグレード (ISSU) におけるサードパーティー製の相互運用性。

Junos OS 3.3msリリース17.2 で導入されたオプションです。