Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

interface (IEEE 802.1ag OAM Connectivity-Fault Management)

Syntax

Hierarchy Level

Description

M320、MX シリーズ、T Series ルーターのイーサネットインターフェイスでは、802.1 ag の運用、管理、管理 (OAM) のサポート IEEE 構成します。

ギガビットイーサネットインターフェイスおよび MX シリーズルーター上の10ギガビットイーサネットインターフェイスでは、トランクインターフェイスポートに対する 802.1 ag Connectivity Fault Management (CFM) のサポートを IEEE 構成します。

Junos OS 17.4 R1 では、疑似ワイヤサービスインターフェイスでメンテナンス中間点 (MIPs) を設定することで、802.1 ag CFM の IEEE のサポートを有効にできます。

注:

CFM MIP セッションは、疑似回線・サービス・トンネル・インターフェースではなく、疑似回線・サービス・インターフェイスでのみサポートされます。

Options

interface-name—MEP が接続されているインターフェイス。物理イーサネットインターフェイス、論理イーサネットインターフェイス、疑似回線サービスインターフェイス、またはトランクポートインターフェイスの特定の VLAN (MX シリーズのみ) であることが考えられます。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース8.4 で導入されました。