Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

high-cos-queue-threshold

Syntax

Hierarchy Level

Description

サービスクラス (CoS) のキューしきい値を割合で設定します。

注:

この機能は、加入者管理が有効になっている場合にのみ使用できます。加入者管理の有効化の詳細については、「強化された加入者管理 Junos OS の構成」を参照してください。

この CoS リソース監視機能は、キューに関してのみ、入園料の決定に基づいています。その他の CoS リソースは、この基準に含まれていません。この機能では、擬似ワイヤ、論理的トンネル、冗長論理トンネルデバイスに到着する加入者のスロットルはサポートされません。この機能は、以下のハードウェアでサポートされています。

  • MX240、MX480、MX960 ルーター

  • /MPC2E/レガシー、/MPC2E/、MPC3E、MPC5E、MPC7E ラインカード

Options

number

スケジューラ当たりの CoS キュー使用率に対する高しきい値の割合。特定CoSのFPCでキューの使用率が設定されたしきい値レベルに達すると、そのFPCでの追加の加入者ログインは許可されません。このリソース監視メカニズムにより、調整可能な安全マージンが提供されます。これにより、各 FPC で使用可能なリソースとキュー リソースを完全に使いCoS回避できます。Junos OS リリース 19.4 R1 から開始して、0の値を指定できます。この場合は、CoS キュースロットリングに基づいて、加入者が制限されていないことを意味します。

  • 0 ~ 90

  • 100

Required Privilege Level

system — このステートメントを設定に表示するには。

system-control— このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 17.4 R1 で導入された文。