Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ファイル (分析)

構文

階層レベル

説明

ローカルファイルでのキューまたはトラフィック監視統計のロギングを有効にします。このステートメントで監視を有効にすることはできません。

この機能はデフォルトでは無効になっています。

オプション

filename

キューとトラフィック監視の統計情報をコンマ区切り値 (CSV) 形式で格納するファイル名を指定します。このファイルは、デバイスの/var/log/ディレクトリに格納されています。

ファイル名が指定されていない場合には、データは保存されません。

注:

Junos OS リリース 13.2 X51-D15 以降では、キューとトラフィック監視統計の両方を格納する1つのファイル名を設定します。Junos OS リリース 13.2 X51 では、監視データ、キュー統計、およびその他のトラフィック統計を格納する個別のファイルを構成します。

ファイル

ローカルに保存するファイル数を指定します。最大ファイルサイズが指定されたファイル数に達すると、システムが再起動し、データが最初のファイルに書き込まれます。

  • 2 ~ 1000 ファイル

サイズ サイズ

ファイルサイズをメガバイト (MB) 単位で設定します。

  • 構文xmMB を指定します。

  • 10 ~ 4095 MB

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース13.2 で導入されました。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
13.2X51-D15
Junos OS リリース 13.2 X51-D15 以降では、キューとトラフィック監視統計の両方を格納する1つのファイル名を設定します。
13.2X51-D10
Junos OS リリース 13.2 X51 では、監視データ、キュー統計、およびその他のトラフィック統計を格納する個別のファイルを構成します。