Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

detect-loc

Syntax

Hierarchy Level

Description

イーサネット OAM 連続性のチェックを、個々のリモートメンテナンスエンドポイント (MEP) に対して実行するかどうかを指定します。

[detect-loc] 階層レベルedit protocols oam ethernet link-fault-management interface interface-nameでステートメントを設定すると、現在の keepalive pdu 間隔の3倍の期間内にピアが見つからなかった場合に、連続性のない障害が発生します。場所の欠陥が発生すると、syslog のエラーメッセージが生成されます。

注:

[ detect-locedit protocols oam ethernet link-fault-management interface interface-name] 階層レベルでステートメントを設定すると、そのaction-profile場所の欠陥が検出された場合に、インターフェイスを停止するための設定が実行されるようになります。ただし、[ action-profile detect-locedit protocols oam ethernet link-fault-management interface interface-name] 階層レベルでステートメントを設定detect-locしていない場合、は実行されません。

インターフェイスの現在の LOC status を表示するには、 show oam ethernet link-fault-managementコマンドを実行します。

Default

MEP はデフォルトでは場所不良メッセージを生成しません。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 14.2 Junos OSで発表されたステートメント。