Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

avg-flr-backward-threshold

Syntax

Hierarchy Level

Description

イーサネットロス測定 (ETH) およびイーサネット合成損失測定 (ETH-SLM) の場合、後方または下流方向におけるフレーム損失の平均比 (ミリ%) のしきい値を設定します。平均バックワードフレームロス率に設定されたしきい値を超えた場合、ETH と ETH-SLM に対して SNMP トラップが生成されます。平均後方フレーム損失率または平均フォワードフレーム損失率のしきい値を設定した場合、SNMP トラップがトリガーされます。バックワードフレーム損失率の平均しきい値または前方フレーム損失率の平均しきい値を設定しない場合は、SNMP トラップは生成されません。これらのしきい値を設定するには、ETH の SLM と ETH の SLA 反復子を使用します。

ETH-SLM は、データトラフィックの代わりに合成フレームを使用してフレームロスの計算を可能にするアプリケーションです。このメカニズムは、データトラフィックのフレームロス率を概算する統計的サンプルとして考えることができます。

Options

avg-flr-backward-threshold-value—ETH-SLM および ETH-LM の下位または下流方向の平均フレーム 損失率のしきい値(milli%)。

  • 1 ~ 10万ミリパーセント

flap-trap-monitor seconds—フラップの発生をまとめ、1 つの jnxSoamPm ThresholdFlapAlarm 通知をネットワーク管理システム(NMS)に送信する時間(秒)。

  • 1 ~ 360 秒

Required Privilege Level

設定 — 設定モードにします。

制御 — すべての設定を変更するには。

Release Information

文は Junos OS リリース15.1 で導入されました。