Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

アーカイブ (個々のシステムログファイル)

構文

階層レベル

説明

特定のシステムログファイルのアーカイブプロパティを構成します。

オプション

archive-sites site-name—アーカイブされたログ ファイルの宛先を示す FTP URL(有効な FTP URL の指定方法については、「 Junos OS CLI コマンドでのファイル名と URL の指定の形式 」を参照してください。複数のサイト名が設定されている場合は、システムログファイルのアーカイブサイトのリストが作成されます。ファイルがアーカイブされると、ルーターはファイルをリストの最初の URL に転送し、転送が成功しない場合にのみ次のサイトに移動しようとします。ログ ファイルは、階層レベルで指定されたファイル名を使用してアーカイブ サイトに [edit system syslog] 保存されます。

files number—保持するアーカイブログ ファイルの最大数。Junos OS logging utility が、ログファイルlogfileに定義された最大量のデータを書き込んだ場合は、ファイルを閉じて圧縮し、 logfile.0.gz名前を変更します (この階層sizeレベルのステートメントによって決定されるデータ量です)。その後、ユーティリティは、というlogfile新しいファイルを開いて書き込みます。新しいファイルが最大サイズに達すると、ファイルlogfile.0.gzの名前がにlogfile.1.gz変更され、新しいファイルが閉じられ、圧縮logfile.0.gz後に名前が変更されることになります。デフォルトでは、ロギング機能は、この方法で最大10個のアーカイブファイルを作成します。最大数のアーカイブファイルが存在する場合、アクティブなログファイルが最大サイズに達するたびに、最も古いアーカイブファイルの内容が失われます (次の最も古いファイルによって上書きされる)。

  • 1 ~ 1000

  • 10ファイル

password password— ステートメントで指定されたサイトを使用して認証する archive-sites パスワード。

size size—ログ作成ユーティリティJunos OSアーカイブの前にログ ファイルに保存されるデータの最大数(アーカイブを終了、圧縮、名前の変更 - ) logfilelogfile.0.gz その後、ユーティリティは、というlogfile新しいファイルを開いて書き込みます。

  • 構文xkキロxmバイト数、メガバイト数、またはギガバイト数をxg指定するには

  • 64 KB ~ 1 GB

  • J シリーズ ルーター用 128 KB、デバイス、デバイスM Series、MX シリーズ、T Series QFX3500 スイッチの 1 MB。TX マトリクスおよび TX マトリクス プラス ルーターの場合は 10 MB

start-time "YYYY-MM-DD.hh:mm"—アクティブなログ ファイルをステートメントで指定されたサイトのリスト内の最初の到達可能なサイトに 1 回転送する、ローカルタイム ゾーンの日付と archive-sites 時刻。

transfer-interval interval—ログ ファイルをアーカイブ サイトに転送する間隔。

  • 5 数分 2880 から

world-readable | no-world-readable—アーカイブ済みログ ファイルを読み取る権限、またはアーカイブ済みログ ファイルを持つユーザーおよびユーザーに対 root Junos OS maintenance します。

  • no-world-readable

必須の権限レベル

system — このステートメントを設定に表示するには。

system-control— このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

start-time ステートメント transfer-interval と、リリース 8.5 Junos OSステートメントで紹介しています。