Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

archive (Individual System Log File)

Syntax

Hierarchy Level

Description

特定のシステム ログ ファイルのアーカイブ プロパティを構成します。

Options

archive-sites site-name— アーカイブ済みログ ファイルの宛先を表す FTP URL(有効な FTP URL の指定方法については、「 Junos OS CLI コマンドでファイル名と URL を指定するための形式」を参照してください)。複数のサイト名が設定されている場合、システム ログ ファイルのアーカイブ サイトのリストが作成されます。ファイルがアーカイブされると、ルーターはファイルをリストの最初の URL に転送し、転送が成功しない場合にのみ次のサイトに移動しようとします。ログ ファイルは、階層レベルで指定されたファイル名を使用してアーカイブ サイトに [edit system syslog] 保存されます。

files number— 保持するアーカイブ済みログ ファイルの最大数。Junos OS ロギング ユーティリティが定義済みの最大データ量をログ ファイルに書き込むと、ファイル logfileが閉じられ、圧縮され、名前が変更 logfile.0.gz されます(データ量はこの階層レベルのステートメントによって size 決定されます)。ユーティリティが開き、という logfile名前の新しいファイルに書き込みます。新しいファイルが最大サイズに達すると、 logfile.0.gz そのファイルの名前が 「 、 に logfile.1.gz変更され、新しいファイルは閉じられ、圧縮され、名前が変更されます logfile.0.gz。デフォルトでは、ロギング機能は、この方法で最大 10 個のアーカイブ・ファイルを作成します。アーカイブ・ファイルの最大数が存在すると、アクティブ・ログ・ファイルが最大サイズに達するたびに、最も古いアーカイブ・ファイルの内容は失われます(次の最も古いファイルで上書きされます)。

  • 範囲:1~1000

  • 既定:10個のファイル

password password— ステートメントで archive-sites 指定されたサイトで認証するためのパスワード。

size size— Junos OS ロギング ユーティリティがアーカイブする前にログ ファイル logfile に書き込むデータの最大量(閉じる、圧縮する、名前をに変更する logfile.0.gz)。ユーティリティが開き、という logfile名前の新しいファイルに書き込みます。

  • 構文: xk キロバイト数、メガバイト数、 xm または xg ギガバイト数を指定します。

  • 範囲:64 KB~1 GB

  • 既定:J シリーズ ルーターの場合は 128 KB。Mシリーズ、MXシリーズ、Tシリーズルーター、QFX3500スイッチ用1 MB。TX マトリクスおよび TX マトリクス プラス ルーター用 10 MB

start-time "YYYY-MM-DD.hh:mm"— ステートメントで指定された archive-sites サイトのリスト内の最初の到達可能なサイトに、アクティブなログ ファイルを 1 回だけ転送するためのローカル タイム ゾーンの日付と時刻。

transfer-interval interval— ログ ファイルをアーカイブ サイトに転送する間隔。

  • 範囲:5 ~ 2880

world-readable | no-world-readable— アーカイブ済みログ ファイルを読み取る権限をすべてのユーザーに付与するか、Junos OS maintenance 権限をroot持つユーザーにのみ権限を制限します。

  • 既定: no-world-readable

Required Privilege Level

system — このステートメントを設定で表示します。

system-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたステートメント。

start-time Junos transfer-interval OSリリース8.5で導入されたステートメントです。