Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

snmp rmon 履歴を表示

構文

説明

RMON 履歴グループの内容を表示します。

オプション

なし

RMON 履歴グループ内のすべてのエントリを表示します。

履歴-インデックス

ナRMON 履歴グループに指定されたエントリの内容を表示します。

サンプル インデックス サンプル インデックス

ナRMON 履歴グループ内の指定されたエントリ内で、指定されたサンプルに関して収集した統計情報を表示します。

必須の権限レベル

'95'5c

出力フィールド

表 1show smp rmon historyコマンドの出力フィールドの一覧が表示されます。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: smp rmon history 出力フィールドを表示します。

フィールド名

フィールドの説明

History Index

RMON 履歴グループ内でこの RMON 履歴エントリを識別します。

Owner

このエントリを構成したエンティティ。範囲は、0 ~ 32 文字の英数字です。

Status

RMON 履歴エントリのステータス。

Interface または Data Source

監視対象のインターフェイスを識別する ifndex オブジェクトです。

Interval

この RMON 履歴エントリに対して設定された間隔 (秒)。

Buckets Requested

この RMON 履歴エントリーに intervals 設定されたバケット( )の要求数。

Buckets Granted

この RMON 履歴エントリに付与されているバケット数。

Sample Index

指定した間隔で取得したサンプル統計。

  • Drop Events—I/O Manager ASIC の入力キューで破棄されたパケット数。インターフェースが飽和状態になっている場合、この数は ASIC の RED メカニズムによってドロップされるすべてのパケットに対して1回ずつインクリメントされます。

  • Octets—オクテットとパケットの総数。ギガビットイーサネット IQ PICs では、受信したオクテット数はインターフェイスタイプによって異なります。

  • Packets—パケットの総数。

  • Broadcast Packets—ブロードキャスト パケット数。

  • Multicast Packets—マルチキャスト パケット数。

  • CRC errors:長さが64~1,518オクテット(フレーミング ビットを除く、FCSオクテットを含む)で、整数のオクテットを持つ不良FCS(FCSエラー)または非整数のオクテットを持つ不良FCSを持つ受信パケットの総数。

  • Undersize Pkts:このサンプリング間隔で受信したパケット数。長さ64オクテット未満(フレーム ビットを除く、FCSオクテットを含む)で、それ以外の場合は十分に形成されました。

  • Oversize Pkts—サンプリング間隔で受信したパケット数。1,518 オクテット(フレーム ビットを除く、FCS オクテットを含む)を超えるが、それ以外の場合は十分に形成された。

  • Fragments:長さが64オクテット未満(フレーム ビットを除く、FCSオクテットを含む)で、FCSエラーまたはアライメント エラーが発生したパケットの数。通常、衝突によって発生する正常なオカレンスで、runts は両方ともカウントされます。

  • Jabbers:1,518 オクテット(フレーム ビットを除く、FCS オクテットを含む)より長く、FCS エラーまたはアライメント エラーが発生したフレームの数。この jabber の定義は、IEEE-802.3 セクション 8.2.1.5 (10BASE5) とセクション 10.3.1.4 (10BASE2) の定義とは異なります。これらの文書では、パケットが20ミリ秒を超える条件として jabber を定義しています。Jabberを検出するために許容される範囲は20~150ミリ秒です。

  • Collisions—イーサネット コリジョン数。ギガビットイーサネット PIC は全二重動作のみをサポートしているため、ギガビットイーサネット PICs については、この数値は常に0のままにしておく必要があります。0以外の場合は、ソフトウェアバグが存在します。

  • Utilization(%)—このサンプリング間隔におけるこのインターフェイスにおける平均物理レイヤー ネットワーク使用率の最適な推定値(100 分の 1)。(

サンプル出力

snmp rmon ヒストリ1を表示

snmp rmon 履歴1サンプル-インデックス15を表示

リリース情報

Junos OS リリース9.0 で導入されたコマンド