Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show snmp health-monitor

構文

説明

SNMP(Simple Network Management Protocol)正常性監視アラームとログに関する情報を表示します。

オプション

none

すべての正常性監視アラームとログに関する情報を表示します。

alarms <detail>

(オプション)正常性監視アラームに関する詳細情報を表示します。

logs

(オプション)正常性監視ログに関する情報を表示します。

必須権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 は、コマンドの出力フィールドについて show snmp health-monitor 説明します。出力フィールドは、表示される概算順にリストされます。

表 1: show snmp health-monitor 出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

Alarm Index

アラーム識別子。

すべてのレベル

Variable description

監視対象のヘルス・モニター・オブジェクト・インスタンスの説明。

すべてのレベル

Variable name

監視対象のヘルス・モニター・オブジェクト・インスタンスの名前。

すべてのレベル

Value

最新のサンプル間隔内のモニター対象変数の現在値。

すべてのレベル

State

アラームまたはイベント エントリの状態:

  • アラーム:

    • active—エントリーが完全に設定され、アクティブになります。

    • falling threshold crossed— 変数の値が低いしきい値を超えています。

    • rising threshold crossed— 変数の値が上限を超えています。

    • under creation—エントリーが設定されていて、まだアクティブ化されていません。

    • startup—アラームは監視対象変数の最初のサンプルを待っています。

    • object not available—そのタイプの Monitored 変数は、正常性監視エージェントでは使用できません。

    • instance not available— 監視対象変数のインスタンスは、正常性監視エージェントでは使用できません。

    • object type invalid—監視対象の変数は数値ではありません。

    • object processing errored—監視対象の変数が処理されたときにエラーが発生しました。

    • unknown:状態は上記のものではありません。

すべてのレベル

Variable OID

変数名が解決されるオブジェクト ID。形式は.x.x.x.x

detail

Sample type

監視された変数をサンプリングし、上限と下位のしきい値と比較する値を計算する方法。または delta valueabsolute value値を持つことができます。

detail

Startup alarm

次の基準に応じて、このエントリが最初にアクティブになったときに送信される可能性のあるアラーム。

  • 次のいずれかの状況が発生すると、アラームが送信されます。

    • アラームの値が立ち上がりしきい値以上で、起動タイプがrising alarmrising or falling alarm.

    • アラームの値が下降しきい値以下で、起動タイプが falling alarm または rising or falling alarmのいずれかです。

  • アラームは、 not 以下のいずれかの状況が存在する場合に送信されます。

    • アラームの値が立ち上がりしきい値以上で、起動タイプは falling alarm.

    • アラームの値が下降しきい値以下で、起動タイプは rising alarm.

    • アラームの値はしきい値の間にあります。

detail

Owner

ユーザーが設定したエントリーの名前。エントリーが CLI を介して作成された場合、そのエントリーの先頭に所有者が monitor 追加されます。

detail

Creator

エントリーが構成されたメカニズム (Health Monitor)。

detail

Sample interval

サンプル間の期間(秒)。

detail

Rising threshold

上限しきい値は、可能な最大値の割合です。

detail

Falling threshold

可能な最大値の割合として下限しきい値。

detail

Rising event index

上昇しきい値を超えた場合にトリガーされるイベント。

detail

Falling event index

下降しきい値を超えたときにトリガーされるイベント。

detail

サンプル出力

show snmp health-monitor

show snmp health-monitor alarms detail

リリース情報

Junos OS リリース 8.0 で導入されたコマンド。