Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show oam ethernet connectivity-fault-management mep-database

Syntax

Description

拡張 CFEB (CFEB) の M7i および M10i ルーター、M320、M120、MX シリーズ、ACX シリーズ、T320、および T640 のルーターでは、表示 IEEE 802.1 ag 操作、管理、管理 (OAM) の接続障害管理 (CFM) データベース情報 CFMCFM セッションにおける保守関連エンドポイント (MEPs)

さらに、M120、M320、MX シリーズルーターには、ポートステータス TLV、インターフェイスステータス TLV、アクションプロファイル情報も表示されます。

さらに、MX シリーズルーターのイーサネットインターフェイスには、すべての ITU-T Y が表示されます。 y.1731 フレーム遅延測定 (ETH-DM) フレーム数

MX シリーズルーターのイーサネットインターフェイスでは、任意の ITU-T Y を表示します。 y.1731 の代理フレーム損失測定 (ETH-SLM) 統計とフレーム数。

Options

保守アソシエーション ma-name

保守関連の名前。

maintenance-domain domain-name(保守ドメイン ドメイン名)

メンテナンスドメインの名前。

ローカル-mep-id

ナローカル MEP の数値識別子。

リモート-mep-id

ナリモート MEP の数値識別子。

Required Privilege Level

'95'5c

Output Fields

表 1show oam ethernet connectivity-fault-management mep-databaseコマンドの出力フィールドの一覧が表示されます。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: show oam ethernet connectivity-fault-management mep-database Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

Maintenance domain name

保守ドメイン名。

Format (Maintenance domain)

メンテナンスドメイン名の形式が構成されています。

Level

保守ドメインレベルが設定されています。

Maintenance association name

保守関連名。

Format (Maintenance association)

保守関連名の形式が設定されています。

Continuity-check status

継続性-ステータスの確認

Interval

連続性-メッセージ間隔を確認してください。

Loss-threshold

失われた連続性-メッセージしきい値を確認してください。

Connection Protection TLV

接続保護 TLV のステータス (MEP インターフェイスで設定されている場合):noyes

yes 場合は、送信された接続保護 TLV がデコードされ、次の 3 つのフィールドが表示されます。Prefer me, Protection in use, FRR Flag

Prefer me

に設定した場合、CCM が送信されたパスが望まれます(パスに障害 yes が発生しない限り)。これは、手動スイッチコマンドをリモート側に通知するために使用されます。

値は または yesno です。

Protection in use

保護の意思決定の調整に使用されます。その値は、CCM を送信するエンドポイントが現在ユーザー トラフィックを保護パスに yes 送信している場合に設定されます。

値は または yesno です。

FRR Flag

LSR/転送元 CCM フレームをバイパストンネルに送信します。

値は または yesno です。

MEP identifier

保守関連エンドポイント (MEP) 識別子。

Direction

MEP 方向が設定されています。

MAC address

MEP 用に設定されて MAC アドレス

Auto-discovery

自動検出を有効にするか無効にするかを指定します。

Priority

MEP が送信する CCMs および linktrace メッセージに使用される優先度です。

Interface name

インターフェイス識別子。

Interface status

ローカルインターフェイスの状態。

Link status

ローカルリンクステータス

Remote MEP not receiving CCM

リモートの MEP が CCMs を受信していないかどうか。

Erroneous CCM received

異常な CCMs が受信されたかどうかを指定します。

Cross-connect CCM received

クロスコネクト CCMs が受信されているかどうかを指定します。

RDI sent by some MEP

受信したメッセージにリモート欠陥表示 (RDI) ビットが設定されているかどうかを示します。CCM に RDI ビットが含まれていない場合、伝送用の p がすべての構成済みの Mep から CCMs を受信していることを示しています。

CCMs sent

送信された CCMs の数です。

CCMs received out of sequence

順番どおりに受信した CCMs の数。

LBMs sent

送信されたループバックメッセージ (LBMs) の数です。

Valid in-order LBRs received

受信した有効なメッセージおよびシーケンスであったループバック応答メッセージ (LBRs) の数。

1DMs sent

MEP が一方向の ETH セッションのイニシエーターである場合は、次の手順に従います。このセッションでピア MEP に送信された一方向遅延測定 (1DM) PDU フレーム数。

それ以外の場合は、 このフィールドに 0 .

Valid 1DMs received

MEP が一方向の ETH セッションの受け手である場合は、以下の手順に従います。受信した有効な1個の DM フレーム数。

それ以外の場合は、 このフィールドに 0 .

Invalid 1DMs received

MEP が一方向の ETH セッションの受け手である場合は、以下の手順に従います。受信した無効な1DM フレームの数。

それ以外の場合は、 このフィールドに 0 .

Out of sync 1DMs received

MEP が一方向の ETH セッションの受け手である場合は、以下の手順に従います。非同期に受信した一方向遅延測定パケットの数です。

DMMs sent

MEP が双方向の ETH セッションのイニシエーターである場合は、以下の手順に従います。このセッションでピア MEP に送信された、遅延測定メッセージ (DMM) PDU フレーム数です。

それ以外の場合は、 このフィールドに 0 .

Valid DMMs received

MEP が双方向の ETH セッションのイニシエーターである場合は、以下の手順に従います。受信した有効な双方向遅延パケット数

Invalid DMMs received

MEP が双方向の ETH セッションのイニシエーターである場合は、以下の手順に従います。受信した無効な双方向遅延パケット数

DMRs sent

MEP が ETH セッションのレスポンダーである場合は、次のようになります。送信された遅延測定応答 (DMR) フレーム数

それ以外の場合は、 このフィールドに 0 .

Valid DMRs received

MEP が双方向の ETH セッションのイニシエーターである場合は、以下の手順に従います。受信した DMRs の数。

それ以外の場合は、 このフィールドに 0 .

Invalid DMRs received

MEP が双方向の ETH セッションのイニシエーターである場合は、以下の手順に従います。受信した DMRs の数です。

それ以外の場合は、 このフィールドに 0 .

Valid out-of-order LBRs received

有効なメッセージで、シーケンスに含まれていない LBRs 受信数。

LBRs received with corrupted data

受信した LBRs の数が破損しています。

LBRs sent

送信された LBRs の数。

LTMs sent

送信されたリンクトレースメッセージ (LTMs)

LTMs received

返された linktrace メッセージです。

LTRs sent

Linktrace 応答 (LTRs) が送信されています。

LTRs received

リンクトレース応答を受信しました。

Sequence number of next LTM request

送信される次の linktrace メッセージ要求のシーケンス番号です。

LMM sent

インターフェイスが ETH-LM セッション用のイニシエーター MEP に接続されている場合、次の方法が実行されます。このセッションでピア MEP に送信された損失測定メッセージ (LMM) PDU フレーム数です。

Valid LMM received

ETH セッションのイニシエーター MEP にインターフェイスが接続されている場合は、次のようになります。受信した有効な損失測定要求パケットの数です。

Invalid LMM received

ETH LM セッションのイニシエーター MEP にインターフェイスが接続されている場合は、次のようになります。無効な損失測定要求パケットの受信数。

LMR sent

インターフェイスが ETH-LM セッション用のレスポンダー MEP に接続されている場合、以下を実行します。送信された損失測定応答 (LMR) フレーム数。

Valid LMR received

インターフェイスが ETH LM セッション用のイニシエーター MEP に接続されている場合、以下を実行します。受信した有効な LMR フレームの数。

Invalid LMR received

インターフェイスが ETH-LM セッション用のイニシエーター MEP に接続されている場合、次の方法が実行されます。受信した無効な LMR フレームの数。

SLM sent

ETH の SLM セッションのために、インターフェースがイニシエーター MEP に接続されている場合は、次のようになります。このセッションにおいて、ソース MEP からリモートまたは宛先 MEP へ送信されたパケットを、合成損失測定 (SLM) が要求した数。

Valid SLM received

ETH の SLM セッションのためにインターフェイスがレスポンダー MEP に接続されている場合は、次のようになります。ソース MEP からリモートまたは宛先 MEP に送信された有効な SLM Pdu の数。

Invalid SLM received

ETH の SLM セッションのためにインターフェイスがレスポンダー MEP に接続されている場合は、次のようになります。Source MEP からリモートまたは宛先 MEP へ送信された無効な SLM Pdu 数。

SLR sent

ETH の SLM セッションのためにインターフェイスがレスポンダー MEP に接続されている場合は、次のようになります。番号の詳細送信された統合応答 (SLR) フレーム数

Valid SLR received

ETH の SLM セッションのために、インターフェースがイニシエーター MEP に接続されている場合は、次のようになります。ソース MEP がリモートまたは宛先 MEP から受信した有効な SLR Pdu の数です。

Invalid SLR received

ETH の SLM セッションのために、インターフェースがイニシエーター MEP に接続されている場合は、次のようになります。ソース MEP がリモートまたは宛先 MEP から受信した無効な SLR Pdu 数です。

Remote MEP identifier

リモート MEP の MEP 識別子です。

State (remote MEP)

リモート MEP の状態:idlestartok、またfailedはです。

MAC address

リモート MEP の MAC アドレス。

Type

リモート MEP MAC アドレスが自動検出または設定されたどちらで学習されたか。

Interface

リモート MEP のインターフェースです。CFM が VPLS の型ルーティングインスタンスで実行するように設定されている場合、7桁の数字が付加されます。

Last flapped

日付、時刻、およびそれ以前にリモート MEP インターフェイスがダウンするまでの期間。形式はLast flapped: year-month-day hours:minutes:seconds timezone (hours:minutes:seconds ago)です。たとえば、 Last flapped: 2002-04-26 10:52:40 PDT (04:33:20 ago)のようになります。

Remote defect indication

受信または送信されたメッセージにリモート欠陥表示 (RDI) ビットが設定されているかどうかを示します。

Port status TLV

  • [メンテナンスドメイン] セクションには、最後の送信ポートステータス TLV 値が表示されます。

  • Remote MEP セクションでは、リモート MEP から受信したポートステータス TLV の最後の値を表示します。

    [アクション プロファイル] セクションで、最後に発生したイベント イベントを表示 port-status-tlv blocked します。このイベントは、リモート MEP からのポート ステータス TLV での値受信 blocked により発生しました。

Interface status TLV

  • [メンテナンスドメイン] セクションには、最後に送信されたインターフェイスのステータス TLV の値を表示します。

  • Remote MEP セクションでは、リモート MEP から受信したインターフェイスステータス TLV の最後の値が表示されます。

    アクション プロファイル セクションで、表示されている場合は、最後に発生したイベント interface-status-tlv イベント( または lower-layer-downdown ) このイベントは、リモート MEP からのインターフェイス ステータス TLV での低い受信または値 down のいずれか受信が原因で発生しました。

Action profile

リモート MEP に関連付けられたアクションプロファイル発生の名前。

Last event

アクションプロファイルが発生すると、それをトリガーした最後のイベントが表示されます。

Last event cleared

[アクションプロファイル] の下で設定されているすべてのイベントがクリアされると、実行したアクションが元に戻され、対応する時間が示されて表示されます。

Action

実行されるアクションとそれに対応するアクションの発生時刻。

Sample Output

show oam ethernet connectivity-fault- management mep-database

show oam ethernet connectivity-fault- management mep-database (One-Way ETH-DM)

show oam ethernet connectivity-fault- management mep-database local-mep remote-mep

show oam ethernet connectivity-fault- management mep-database remote-mep (Action Profile Event)

show oam ethernet connectivity-fault- management mep-database (Connection Protection TLV Configured)

切断時に接続保護が有効になっていない場合、接続保護 TLV が使用されていると、MX は、CCMs が送信されている間、接続保護 TLV に使用中の保護フラグを常に設定します。Reversion では、保護パスが使用されている受信側を示すインジケーターとして機能します。それ以外の場合、ピア (レシーバー) は動作していることを前提としており、reversion は期待どおりに動作しません。このビットを設定しても、保護のスイッチングやトラフィック損失には影響しません。

show oam ethernet connectivity-fault- management mep-database

show oam ethernet connectivity-fault- management mep-database (enhanced continuity measurement)

show oam ethernet connectivity-fault- management mep-database local-mep remote-mep

タイマーが実行されていない場合:

タイマーの実行時:

Release Information

Junos OS リリース8.4 で導入されたコマンド

Junos OS リリース9.5 で追加された y.1731 フレーム遅延測定値をサポートします。

Y.1731 の代理フレーム損失測定値は、MX シリーズルーターの Junos OS リリース13.2 で追加されました。

ITU-T Y をサポートしています。 y.1731 イーサネットは、MX シリーズルーター向けに Junos OS リリース19.1 で追加された不良機能 (ETH) に対応しています。

注:

イーサネットの予定欠陥機能 (ETH) は、すべての MX シリーズルーターで、mode enhanced-ipが有効になっている場合にのみサポートされます。ETH は、CFM が中央管理モードで実行されている場合はサポートされません。