Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

oam イーサネットの接続を表示-障害管理リンクトレースパス-データベース

構文

説明

M320、MX シリーズ、T320、T640 ルーターでは、IEEE 802.1 ag 操作、管理、管理 (OAM) 接続障害管理保守のリンクトレースデータベース情報が表示されます。

オプション

mac アドレス

リモートホストの指定された MAC アドレスに対する接続障害管理パスデータベース情報を表示します。

保守アソシエーション ma-name

指定された保守アソシエーションの接続障害管理パスデータベース情報を表示します。

maintenance-domain md-name(保守ドメイン md-name)

指定されたメンテナンスドメインの接続障害管理パスデータベース情報を表示します。

必須の権限レベル

'95'5c

出力フィールド

表 1show oam ethernet connectivity-fault-management linktrace path-databaseコマンドの出力フィールドの一覧が表示されます。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: oam イーサネットの接続を表示-障害管理リンクトレースパス-データベース出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

Linktrace to

Linktrace メッセージの対象となる 802.1 ag ノードの MAC アドレス。

Interface

ローカルの MEP は、linktrace メッセージ (LTM) を送信するために使用するインターフェースです。

Maintenance Domain

Traceroute コマンドで指定された保守ドメイン識別子。

Maintenance Association

Traceroute コマンドで指定された保守関連識別子です。

Level

メンテナンスドメインに対して設定された保守ドメインレベル。

Local Mep

Linktrace の発信元のローカルの MEP 識別子です。

Hop

リンクトレースパスのシーケンシャルホップ数。

TTL

Linktrace メッセージ (LTM) に残っているホップ数。各ホップで TTL (time to live) が減少しています。

Source MAC address

802.1 ag ノードの MAC アドレス LTM または

LTR のソース MAC アドレスです。

Next hop MAC address

LTM が転送されるノードの送信インターフェースの MAC アドレスまたは

次ホップ MAC アドレス、LTR PDU の送信 ID TLV の次の送信識別子から派生しています。

Transaction Identifier

MEP で維持されている4バイト識別子。各 LTM は、トランザクション識別子を使用します。トランザクション識別子は、すべてのメンテナンスドメインでグローバルに維持されます。トランザクション識別子を使用して、受信した linktrace 応答 (LTR) と、以前に送信した LTM を照合します。

サンプル出力

show oam ethernet connectivity-fault- management linkg path-database

show oam ethernet connectivity-fault- management link分 path-database(2つの traceroute コマンド)

リリース情報

Junos OS リリース9.0 で導入されたコマンド