Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

request support information

Syntax

Syntax (SRX Series devices)

Syntax (EX Series Switch)

Syntax (MX Series Router)

Syntax (TX Matrix Router)

Syntax (TX Matrix Plus Router)

Description

コマンドで非表示にしたデータを含む、システムのすべての設定データを表示 apply-flags omit します。カスタマーサポートに問い合わせる前に、このコマンドを発行して、サポートリクエストにコマンド出力を記載してください。このコマンドの出力は、どのプラットフォームからコマンドを発行するかによって多少異なります。ただし、このコマンドでは、常にshow一連のコマンドが実行され、デバイスに関する適切な情報が自動的に含まれます。

Options

概略

ナコマンド出力の簡単な情報を表示します。このオプションを使用しないと、出力の表示が完了するまでに時間がかかる場合があります。

すべてシャーシ

(TX マトリクスおよび TX マトリクスプラスルーター)ナすべてのシャーシのシステム情報を表示します。

すべての lcc

(TX マトリクスおよび TX マトリクスプラスルーター)ナTX マトリクスルーターでは、TX マトリクスルーターに接続されたすべての T640 ルーター (またはラインカードシャーシ) のシステム情報を表示します。TX マトリクスプラスルーター上で、TX マトリクスプラスルーターに接続されたすべての T1600 または T4000 ルーター (またはラインカードシャーシ) のすべてのシャーシのシステム情報を表示します。

すべてのメンバー

(EX シリーズスイッチと MX シリーズルーター)ナバーチャルシャーシ構成のすべてのメンバーのシステム情報を表示します。

lcc 番号

(TX マトリクスおよび TX マトリクスプラスルーター)ナTX マトリクスルーター上で、TX マトリクスルーターに接続されている特定の T640 ルーターのシステム情報を表示します。TX マトリクスプラスルーターで、TX マトリクスプラスルーターに接続されている特定のルーターのシステムストレージ情報を表示します。

デバイス の構成 に応じて、番号を以下の値LCCします。

  • 0 ~ 3 は、T640 ルーターがルーティングマトリクスの TX マトリクスルーターに接続されている場合に使用します。

  • 0 ~ 3 は T1600 ルーターがルーティングマトリクス内で TX マトリクスプラスルーターに接続されている場合に使用します。

  • 0 ~ 7 は、T1600 ルーターがルーティングマトリクス内の 3D SIBs で TX マトリクスプラスルーターに接続されている場合に使用します。

  • 0、2、4、または 6 (T4000 ルーターがルーティングマトリクス内の 3D SIBs で TX マトリクスプラスルーターに接続されている場合。

地元の

(EX シリーズスイッチと MX シリーズルーター)ナローカルバーチャルシャーシメンバーのシステム情報を表示します。

メンバー メンバー ID

(EX シリーズスイッチと MX シリーズルーター)ナバーチャルシャーシ構成の指定したメンバーのシステム情報を表示します。EX シリーズスイッチでは、 member-idそのバーチャルシャーシ構成に適した値に置き換えます。MX シリーズルーターでは、 member-id 0 または1の値で置き換えます。

scc

(TX マトリクスルーター)ナTX マトリクスルーター (またはスイッチカードシャーシ) のシステム情報を表示します。

sfc 番号

(TX マトリクスプラスルーター)ナTX マトリクスプラスルーター (またはスイッチファブリックシャーシ) のシステム情報を表示します。とnumber0置き換えます。

secure-ゲートウェイ

(SRX5400、SRX5600、SRX5800 デバイス)ナセキュアなゲートウェイ導入シナリオのシステム情報を表示します。

セキュリティ コンポーネント

(SRX シリーズ)(オプション)セキュリティ コンポーネントの情報を表示します。

  • ipsec-vpn—IPsec VPN のセキュリティ レポートを生成します。

ノード

(SRX5400、SRX5600、SRX5800 デバイス)ナすべてのノードまたは特定のノードの詳細なシステムステータスレポートを表示します。

  • node-id—特定のノードの詳細なシステム ステータス レポートを表示します。0 node-idまたは1の値で置き換えます。

  • all—すべてのノードの詳細なシステム ステータス レポートを表示します。

  • local—ローカル ノードの詳細なシステム ステータス レポートを表示します。

  • primary—プライマリ ノードの詳細なシステム ステータス レポートを表示します。

Additional Information

このshowコマンドの結果として発行されるコマンドは、どのプラットフォームからコマンドを発行するかによって異なります。出力は常にデバイスに適しています。たとえば、 表 1 MX シリーズルーター show上で発行request support informationされた場合に呼び出されるコマンドを示しています。

表 1: Sample show Commands Called by the request support information command on an MX Series Router

show chassis alarms no-forwarding

show interfaces extensive no-forwarding

show chassis environment no-forwarding

show krt queue

show chassis fabric degradation

show krt state

show chassis fabric destinations

show pfe statistics error

show chassis fabric fpcs

show pfe statistics traffic

show chassis fabric plane

show route summary

show chassis fabric reachability

show system boot-messages no-forwarding

show chassis fabric summary

show system buffer no-forwarding

show chassis fpc

show system commit

show chassis fpc detail

show system core-dumps no-forwarding

show chassis firmware no-forwarding

show system processes extensive no-forwarding

show chassis hardware detail no-forwarding

show system queues no-forwarding

show chassis hardware extensive no-forwarding

show system statistics no-forwarding

show pfe statistics traffic

show system storage no-forwarding

show chassis power

show system uptime no-forwarding

show chassis routing-engine no-forwarding

show system virtual-memory no-forwarding

show configuration | except SECRET-DATA

show version detail no-forwarding

注:

コマンドのshow interfaces extensive no-formwardingrequest support information brief Show コマンドはサポートされていません。

このno-forwardingオプションを選択すると、コマンドが実行さshowれているときに出力 (Ctrl + C) で中断した場合に、コマンドに関連付けられたすべてのプロセスが適切に停止されます。

注:

このno-forwardingオプションを選択すると、コマンドが実行さshowれているときに出力 (Ctrl + C) で中断した場合に、コマンドに関連付けられたすべてのプロセスが適切に停止されます。

表 2 は、 show 特定のルーターで問題が発生するときに呼 request support information ipsec-vpn び出されるコマンドMX シリーズします。

表 2: Sample show commands called by the request support information ipsec-vpn command on an MX Series Router

show version no-forwarding | no-more

show services ipsec-vpn ipsec statistics | no-more

show system uptime no-forwarding | no-more

show security pki local-certificate detail no-forwarding

show system core-dumps no-forwarding | no-more

show security pki local-certificate system-generated detail no-forwarding

show system processes extensive no-forwarding | grep ike

show security pki ca-certificate detail no-forwarding

show system processes extensive no-forwarding | grep kmd

show security pki crl detail no-forwarding

show chassis fpc pic-status

show security pki certificate-request detail no-forwarding

show chassis cluster status

show security pki statistics no-forwarding | no-more

show chassis cluster interfaces

show ipsec memory-usage | no-more

show chassis cluster information

show services sessions analysis | no-more

show configuration | no-more

show services sessions extensive | no-more

show route forwarding-table | no-more

show pfe statistics traffic | no-more

show interfaces extensive | no-more

show pfe statistics exceptions | no-more

show services ipsec-vpn ike security-associations detail | no-more

show pfe statistics error | no-more

show services ipsec-vpn ike statistics | no-more

show extension-provider system processes extensive | match mspmand

show services ipsec-vpn ipsec security-associations detail | no-more

show services service-sets statistics packet-drops | no-more

plugin ipsec show stats all

plugin ipsec show sadb detail

plugin ipsec show rules all

plugin ipsec show rules no-sa

plugin ipsec show sa-trigger-seqno

plugin ipsec show invalid-spi brief

plugin ipsec show invalid-spi history

show msp pkt-cntrs terse

show msp pkt-cntrs

show msp plugins pkt-cntrs

show msp service-sets

show msp service-sets summary

show msp service-sets mem-usage

show msp ip-stats

show msp mem usage

show msp mem ocwm jnx-msp-shm-data mum

show msp mem ocwm jnx-msp-shm-data mum objcache

show msp stats ctrl

show msp cpu-throttle

show svcs-xlp intf counters

show svcs-xlp exceptions

show svcs-xlp exceptions detail

show svcs-xlp cpu stats

show svcs-xlp fifo

show svcs-xlp poe stats

show svcs-xlp jbuf-stats

plugin ha show ckpt

plugin ha show ha-pvt-obj stats

plugin ha show info-ha-plugin

plugin ha show stats

plugin ha show udp

plugin ha show mtu

plugin ha show junos-sync stats

plugin ha show junos-sync stats aggregation

plugin ha show junos-sync stats history

リリース リリース リリース 20.2R1、Junos OS コマンド ipsec-vpn にオプションが導入 request support information されます。コマンド request support information ipsec-vpn は、デバイス レベルとサービス カード レベルですべてのルーティング エンジン状態、統計を表示します。この新しいオプションは、IPsec-VPN 関連の問題のデバッグに役立ちます。情報収集が合理化され、出力ファイル サイズが削減されます。

表 3EX シリーズshow 9200 スイッチで発行request support informationしたときに呼び出されるコマンドを示します。この表にはno-forwardingオプションが含まれていません。これはrequest support information、の目的で使用されます。

表 4SRX シリーズデバイスshowで問題request support informationが発生したときに呼び出されるコマンドを示します。

表 4: Sample show Commands Called by the request support information command on SRX Series devices

show pfe statistics traffic

show interfaces queue

show chassis environment no-forwarding

show security monitoring fpc 0

show chassis fpc detail

show system license

show system storage no-forwarding

show security policies hit-count no-forwarding

show system virtual-memory no-forwarding

show security policies information no-forwarding

show system buffer no-forwarding

show security dns-cache

show system queues no-forwarding

show security flow statistics

show chassis hardware extensive no-forwarding

show security flow status

show krt queue

show security flow session summary no-forwarding

show route summary

show security utm anti-virus status

show version no-forwarding

show system processes extensive no-forwarding

show system uptime no-forwarding

show chassis fpc pic-status

show system core-dumps no-forwarding

show chassis cluster status

show chassis cluster interfaces

show chassis cluster information

show route forwarding-table

show interfaces extensive

show security pki local-certificate detail no-forwarding

show security pki local-certificate system-generated detail no-forwarding

show security pki ca-certificate detail no-forwarding

show security pki crl detail no-forwarding

show security pki certificate-request detail no-forwarding

show security pki statistics no-forwarding

show security internal-security-association no-forwarding

show security ike security-associations detail no-forwarding

show security ike active-peer stats no-forwarding

show security ike stats no-forwarding

show security ipsec security-associations detail no-forwarding

show security ipsec statistics no-forwarding

show security ipsec tunnel-distribution no-forwarding

show security ipsec tunnel-distribution summary no-forwarding

show security ipsec next-hop-tunnels no-forwarding

show security ipsec tunnel-events-statistics no-forwarding

show security ipsec inactive-tunnels no-forwarding

show pfe statistics traffic

show usp ipsec sa

show usp ipsec pmi-sa

show usp ipsec global-stat

show usp ipsec pkt-stat

show usp ipsec stat

show usp ipsec spd table

show usp ipsec spd stats

show usp ipsec traffic-selector stats

show usp ipsec traffic-selector pkt-stats

show usp ipsec tunnel-distribution

show usp ipsec nsp-tunnel-table

show usp ipsec nhtb

show usp ipsec ager stats

show talus number stats all

show talus number drop-pkt

show talus number queue-bp

show jspec talus number registers cntr fi_bp number

show jspec talus number registers cntr fi_bp number

show jspec talus number registers cntr fi_bp number

show jspec talus number registers cntr fi_bp number

show jspec talus number registers cntr fo_free number

show jspec talus number registers cntr fo_free number

show jspec talus number registers cntr fo_free number

show jspec talus number registers cntr fo_free number

show jspec talus number registers cntr ing_eop number

show jspec talus number registers cntr ing_eop number

show jspec talus number registers cntr ing_eop number

show jspec talus number registers cntr ing_eop number

Junos OS リリース 15.1X49-D110、SRX5400、SRX5600、SRX5800 のデバイスでは、既存のコマンドに新しいオプションが secure-gateway 追加 request support information されます。この新しいオプションには、セキュアなゲートウェイ導入シナリオに関連する必須情報がすべて表示されます。Junos OS Release 15.1 X49-D100 およびそれ以前のバージョンでは、サポート情報をリクエストすると、secure gateway の導入には関係のないすべての機能に関する情報が表示されます。

リリース Junos OSリリース20.2R1、既存のコマンドにCLI ipsec-vpn オプションが導入 request support information security-components されました。この新しいオプションでは、IPsec VPN 関連の問題のデバッグに必要なすべての構成、状態、統計情報が表示されます。

Required Privilege Level

maintenance

Output Fields

出力フィールドの詳細については、関連する出力フィールドに記載されている特定のコマンドの説明を参照してください。

Sample Output

request support information | save

request support information scc (TX Matrix Router)

request support information sfc (TX Matrix Plus Router)

request support information (SRX Series device)

request support information ipsec-vpn (MX Series Router)

Release Information

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

Junos OS briefリリース13.2 で導入されたオプションです。

Junos OS secure-gatewayリリース 15.1 X49-D110 で導入されたオプション。 SRX5400、SRX5600、SRX5800 のデバイスを対象にしています。

オプション security-componentsipsec-vpn と、リリースリリースJunos OSで20.2R1。