Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

monitor ethernet delay-measurement

Syntax

Description

ITU-T Y を開始します。 y.1731 のイーサネットフレーム遅延測定セッションは、指定されたローカル接続障害管理 (CFM) 保守関連エンドポイント (MEP) および指定されたリモート MEP の間の時間を計測し、測定値で交換したフレームの概要を表示します。セッション. フレーム遅延測定統計は、後で取得するために MEPs のいずれかに保存されます。

注:

存在しない MAC アドレス への遅延を監視しようとすると、Ctrl +C を入力してコマンドを明示的に終了し、CLI monitor ethernet delay-measurement コマンド プロンプトに戻る必要があります。

イーサネットフレーム遅延測定セッションを開始するには、ローカルとリモートの両方の MEPs との間で一方向または双方向のフレーム遅延測定プロトコルデータユニット (Pdu) を伝送するフレームの交換を開始します。フレーム数(フレーム遅延時間を測定するために交換したイーサネット フレーム遅延測定 PDU フレームのタイプと数)は、コマンドの実行時出力として表示され、後で取得するためにイニシエーターとレシーバの両方の MEP に保存されます。 monitor ethernet delay-measurement 以下に示すイーサネットフレーム遅延測定統計は、次のいずれかの MEPs でのみ測定されます。

フレーム遅延

フレームが送信されてから受信されるまでのマイクロ秒単位の違いです。

フレーム遅延の変化

連続するフレーム遅延値の差 (マイクロ秒単位)。フレーム遅延変動は、「フレーム ジッター」と呼ばれる場合があります。

一方向のイーサネットフレーム遅延測定では、受信側 MEP (リモートシステム上) のみで統計情報が収集されます。2ウェイイーサネットフレーム遅延測定の場合は、イニシエーター MEP (ローカルシステム上) のみが統計情報を収集します。

Options

カウント

ナ指定されたピア MEP に送信するフレーム数。値の範囲は、1 ~ 65535 フレームです。デフォルト値は10フレームです。

保守アソシエーション ma-name

既存の CFM 保守関連の名前。

maintenance-domain md-name(保守ドメイン md-name)

既存の CFM 保守ドメインの名前。

mep remote-mep-id

イーサネットフレーム遅延測定を実行するピア MEP の数値識別子。ピア MEP の検出された MAC アドレスを使用します。値の範囲は 1 ~ 8191 です。

セッション id なし-tlv

ナリクエストフレームにセッション ID TLV を挿入できないようにします。

一方向

測定タイプは、一方向のイーサネットフレーム遅延測定です。これは、イニシエーターが、1方向の遅延測定要求 (1DM) フレームと受信者のフレームを受信した時刻の差をベースにしています。

優先度 802.1p 値

ナ一方向遅延測定および双方向遅延測定によってサポートされる遅延測定要求フレームの優先度。値の範囲は、0 ~ 7 です。デフォルト値は0です。

リモート mac アドレス

ピア MEP のユニキャスト MAC アドレス、イーサネットフレーム遅延測定を実行します。オプションを 6 MAC アドレスする 16 進バイトとして指定 nn:nn:nn:nn:nn:nn します。マルチキャスト MAC アドレスはサポートされていません。

サイズ

ナ要求フレームに含めるデータ TLV のサイズ。値の範囲は、1 ~ 1400 バイトです。

双方向

測定タイプは、2ウェイのイーサネットフレーム遅延測定で、これは、イニシエーターが双方向遅延測定メッセージ (DMM) フレームと、イニシエーター MEP が関連する双方向に受信する時刻の違いに基づいています。レスポンダー mep から計測応答 (DMR) フレームを遅延し、応答側 MEP の経過時間を減算します。

待機 時間

ナフレーム送信の間に待機する秒数。値の範囲は、1 ~ 255 秒です。デフォルト値は1秒です。

Required Privilege Level

トレースと保守

Output Fields

このmonitor ethernet delay-measurementコマンドは、1方向または双方向のフレーム遅延測定を開始するかどうかに応じて、CLI で異なる出力を表示します。

  • 表 1monitor ethernet delay-measurement one-wayコマンドの実行時出力フィールドの一覧が表示されます。

  • 表 2monitor ethernet delay-measurement two-wayコマンドの実行時出力フィールドの一覧が表示されます。

出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: monitor ethernet delay-measurement one-way Output Fields

出力フィールド名

出力フィールドの説明

One-way ETH-DM request to

リモートピア MEP のユニキャスト MAC アドレス

Interface

ローカル・ MEP が接続されているイーサネットの物理、論理、トランク・インタフェースの名前。

1DM Frames sent

この ETH セッションでリモート MEP に送信された PDU フレーム

Packets transmitted

この測定セッション中にリモート MEP に送信された1個の DM PDU フレームの総数。

Average delay

このセッションで測定される、双方向のフレーム遅延の平均。

Average delay variation

このセッションで測定された平均フレームジッターです。

Best case delay

このセッションで測定される、最も低い双方向フレーム遅延。

Worst case delay

このセッションで測定される最高の2ウェイフレーム遅延

注:

一方通行の遅延測定では、イニシエーター MEP CLIフィールドが表示(「適用できない」)になります。これは、一方通行のフレーム遅延測定はレシーバ MEP で行われるため NA です。

表 2: monitor ethernet delay-measurement two-way Output Fields

出力フィールド名

出力フィールドの説明

Two-way Ethernet frame delay measurement request to

リモートピア MEP のユニキャスト MAC アドレス

Interface

ローカル・ MEP が接続されているイーサネットの物理、論理、トランク・インタフェースの名前。

DMR received from

この DMR フレームを送信したリモート MEP のユニキャスト MAC アドレス、DMM フレームに応答します。

Delay

イニシエーターが送信した DMM フレームの双方向遅延 (マイクロ秒単位)。

Delay variation

現在と以前の遅延値の差 (マイクロ秒単位)。これはジッターとも呼ばれる.

Packets transmitted

この測定セッションでリモート MEP に送信された DMM PDU フレームの総数。

Valid packets received

この測定セッションでリモート MEP から受信した DMR PDU フレームの総数。

Average delay

このセッションで測定される、双方向のフレーム遅延の平均。

Average delay variation

このセッションで測定された平均フレームジッターです。

Best case delay

このセッションで測定される、最も低い双方向フレーム遅延。

Worst case delay

このセッションで測定される最高の2ウェイフレーム遅延

Sample Output

monitor ethernet delay-measurement one-way

monitor ethernet delay-measurement two-way

monitor ethernet delay-measurement two-way (Invalid DMR Frames Received)

Release Information

Junos OS リリース11.4 で導入されたコマンド