Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

例:イーサネットOAMリンク障害管理の設定

Junos OSにより、これらのスイッチのイーサネットインターフェイスは、アクセスネットワークにおけるイーサネットの運用、管理、保守(OAM)に関するIEEE 802.3ah規格をサポートすることができます。この規格では、OAMリンク障害管理(LFM)が定義されています。IEEE 802.3ah OAM LFMは、直接またはイーサネットリピーターを介して接続されているポイントツーポイントイーサネットリンクで設定できます。

この例では、ギガビットイーサネットインターフェイスでOAM LFMを有効にして設定する方法を説明します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • EXシリーズスイッチ向けJunos OSリリース9.4以降

  • 直接接続された2台のEX3200またはEX4200スイッチ

概要とトポロジー

Junos OSスイッチを使用すると、これらのスイッチのイーサネットインターフェイスで、アクセスネットワークにおけるイーサネットの運用、管理、保守(OAM)に関するIEEE 802.3ah規格をサポートできます。この規格では、OAMリンク障害管理(LFM)が定義されています。IEEE 802.3ah OAM LFMは、直接またはイーサネットリピーターを介して接続されているポイントツーポイントイーサネットリンクで設定できます。

トポロジー

この例では、直接接続された2台のEX4200スイッチを使用します。2 台のスイッチでイーサネット OAM LFM の設定を開始する前に、トランク インターフェイスを介して 2 台のスイッチを直接接続します。

検証

OAM LFM が正しく構成されていることを確認する

目的

OAM LFM が正しく構成されていることを確認します。

アクション

show oam ethernet link-fault-management コマンドを使用します。

サンプル出力
コマンド名

意味

出力にMACアドレスが表示され、検出状態 が の場合、OAM LFMが正しく設定されていることを意味します。Send Any