Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions (Individual Interfaces)

Syntax (Individual interfaces with PTX Series, EX Series, ACX Series)

Syntax (Individual interfaces with QFX Series, OCX1100, EX4600, NFX Series)

Syntax (OAMLFM with EX Series, QFX Series, NFX Series)

Syntax (Interface process with ACX Series, SRX Series, MX Series, M Series, T Series)

Hierarchy Level (Individual interfaces with PTX Series, EX Series, ACX Series, QFX Series, OCX1100, EX4600, NFX Series)

Hierarchy Level (Interface process with ACX Series, SRX Series, MX Series, M Series, T Series)

Description

個々のインターフェイスのトレース操作を定義します。

複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。

インターフェイスtraceoptionsステートメントはトレースファイルをサポートしていません。ロギングはカーネルによって実行されるため、トレース情報はディレクトリsyslog/var/log/dcd 内のシステムファイルに格納されます。

EX シリーズ、QFX シリーズ、NFX シリーズプラットフォームでは、トレースオプションをリンク障害の管理に設定します。

ACX シリーズでは、SRX シリーズ、MX シリーズ、M Series、T Series プラットフォームによって、インターフェイスプロセス (dcd) のトレース操作が定義されます。

Default

このステートメントが含まれていない場合は、インターフェイス固有のトレース操作は実行されません。

Options

表 1以下のプラットフォーム用の traceoption コマンドのオプションを示します。

表 1: Options for traceoptions

オプション

PTX シリーズ、ACX シリーズ、EX シリーズを含む個々のインターフェイス QFX シリーズ、QFabric システム、OCX1100、EX4600、NFX シリーズの各インターフェイス EX シリーズ、QFX シリーズ、NFX シリーズを使用した OAMLFM とのインターフェイスプロセス ACX シリーズ、SRX シリーズ、MX シリーズ、M Series、T Series を使用したインターフェイスプロセス

file filename

—トレース操作の出力を受け取るファイルの名前。名前は二重引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリ/var/log/dcd に配置されます。デフォルトでは、インターフェイスプロセストレースの出力はファイルに配置されます。

 

—トレース操作の出力を受け取るファイルの名前。名前は二重引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリ/var/log/dcd に配置されます。

—トレース操作の出力を受け取るファイルの名前。名前は二重引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリ/var/log/dcd に配置されます。デフォルトでは、インターフェイスプロセストレースの出力はファイルdcdに配置されます。

ファイル 番号

—(オプション)最大トレース ファイル数。トレースファイルという名前のトレースファイルが最大サイズに達すると、トレースtrace-file.0ファイルのtrace-file.1数が上限に達するまで、名前が変更されてから、その後、その後、そのことが、その時点では、その後になります。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

 

—(オプション)最大トレース ファイル数。trace-file という名前のトレース ファイルが最大サイズに達すると、trace-file.0、trace-file.1、および次に trace-file.1 が、KB を指定する最大 xk、MB を指定する xm、または xg に達するまで、名前が変更されます。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。最大ファイル数を指定する場合は、[サイズ] オプションを使用して最大ファイルサイズも指定する必要があります。

—(オプション)最大トレース ファイル数。トレースファイルの名前trace-fileが最大サイズに達すると、トレースファイルtrace-file.0の数trace-file.1が上限に達するまで、名前が変更されてから、その後、その後になります。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

最大ファイル数を指定する場合は、 sizeオプションを使用して最大ファイルサイズも指定する必要があります。

範囲: 2 ~ 1000

デフォルト: 3 ファイル

flag

:動作を追跡して実行します。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。インターフェイス固有のトレースオプションを以下に示します。

  • all—すべてのインターフェイス トレース操作

  • event—インターフェイス イベント

  • ipc—IPC(インターフェース インタープロセス通信)メッセージ

  • media—インターフェイスのメディア変更

  • q921—Trace ISDN Q.921 フレーム

  • q931—Trace ISDN Q.931 フレーム

:動作を追跡して実行します。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。インターフェイス固有のトレースオプションを以下に示します。

  • all—すべてのインターフェイス トレース操作

  • event—インターフェイス イベント

  • ipc—IPC(インターフェース インタープロセス通信)メッセージ

  • media—インターフェイスのメディア変更

  • q921—Trace ISDN Q.921 フレーム

  • q931—Trace ISDN Q.931 フレーム

:動作を追跡して実行します。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。以下のフラグを含めることができます。

  • action-profile—トレース アクション プロファイルの呼び出しイベント。

  • all—すべてのイベントをトレースします。

  • configuration—設定イベントをトレースします。

  • protocol:プロトコル処理イベントをトレースします。

  • routing socket—ルーティング ソケット イベントをトレースします。

:動作を追跡して実行します。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。以下のフラグを含めることができます。

  • all

  • change-events—設定イベントを生成する変更のログ

  • config-states—設定の状態とマシンの変更をログに記録します。

  • kernel—設定 IPC メッセージをカーネルにログします。

  • kernel-detail—設定メッセージの詳細をカーネルにログに記録する

match

—(オプション)トレースする行の正規表現。

 

—(オプション)出力を改善して、指定された正規表現と一致する行のみをログに記録します。

 

サイズ サイズ

—(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB)、メガバイト(MB)、ギガバイト(GB) トレースファイルの名前trace-fileがこのサイズに達すると、名前trace-file.0が変更されます。trace-fileこれが最大サイズに達すると、 trace-file.0名前がtrace-file.1変更trace-file されtrace-file.0、名前が変更されることになります。このスキームの名前は、トレースファイルが最大数に達するまで続けられます。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

 

—(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB)、メガバイト(MB)、ギガバイト(GB) トレースファイルという名前のトレースファイルが最大サイズに達すると、トレースファイルの名前は変更されます。0の場合は、トレースファイルの数が最大値に達するまで、トレースファイル1などとなります。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。最大ファイル数を指定する場合は、files オプションを使用して最大ファイルサイズも指定する必要があります。

構文: xk(KB を指定)、xm(MB を指定)、x g(GB を指定)

範囲: 10 KB ~ 1 GB

デフォルト値: 128 KB

デフォルト:このオプションが含まれていない場合、トレース出力は既存のトレースファイルに追加されます。

—(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB)、メガバイト(MB)、ギガバイト(GB) トレースファイルがこのサイズtrace-fileに達すると、 trace-file.0.trace-file再び最大サイズにtrace-file.0trace-file.1trace-file到達したときに名前が変更され、名前trace-file.0が変更された場合に、名称が変わります。このスキームの名前は、トレースファイルが最大数に達するまで続けられます。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。最大ファイルサイズを指定する場合は、 filesオプションを使用して最大数のトレースファイルを指定する必要があります。

構文: xkキロバイトを指定xmする場合、メガバイトxgを指定する場合、またはギガバイトを指定する場合

範囲: 10 KB ~ ルーターでサポートされている最大ファイルサイズ

デフォルト値: 1 MB

no-world-readable

—(オプション) ユーザーによるログ ファイルの読み取りを防止します。

 

—(オプション)ファイルを作成したユーザーへのファイル アクセスを制限します。

—(オプション)すべてのユーザーにログ ファイルの読み取りを許可します。

world-readable

—(オプション) 任意のユーザーにログ ファイルの読み取りを許可します。

 

—(オプション)無制限のファイル アクセスを有効にする。

—(オプション) 任意のユーザーにログ ファイルの読み取りを許可します。

disable

     

—(オプション)トレース操作を無効にします。このオプションを使用すると、さまざまなトレース操作 (など) を定義したときに、1つallの操作を無効にすることができます。

リモートトレース (なし)

   

—(オプション)リモート トレースを無効にします。

-

match regex

     

—(オプション)出力を改善して、指定された正規表現に一致する行のみを含める。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

routing— このステートメントを設定で表示するには。routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース7.4 の前に導入された文。

Junos OS リリース12.2 で導入された文は、ACX シリーズユニバーサルメトロルーターに対応しています。