Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceroute

Syntax

Syntax (QFX Series and OCX Series)

Description

指定されたネットワークホストにパケットが受け取るルートを表示します。デバッグtracerouteツールとして使用して、ネットワーク内の障害点を特定します。

Options

主催

リモートホストの IP アドレスまたは名前。

as 番号検索

ナホストから宛先までのパス上にある各中間ホップの自律システム (AS) 番号を表示します。

バイパスルーティング

ナ通常のルーティングテーブルをバイパスし、接続されたネットワーク上のシステムに直接要求を送信します。システムが直接接続されたネットワーク上にない場合は、エラーが返されます。このオプションを使用すると、ルートを持たないインターフェイスを介してローカルシステムへのルートを表示できます。

ce-ip IPv4 または IPv6 アドレス

(MX シリーズMPC および MIC インターフェイスを持つルーターのみ)(オプション)仮想プライベート LAN サービス(VPLS)カスタマー エッジ(CE)IP アドレスとイーサネット VPN(EVPN)ネットワークのルートを確認します。

clns

ナコネクションレス型ネットワークサービス (CLNS) に属しているルートをトレースします。

イーサネット ホスト

(オプション)ユニキャスト ルーティング を使用してイーサネット ホストへのルートをMAC アドレス。

エクステンション

(オプション)TRACE ICMP 拡張

ゲートウェイ アドレス

ナルートが通過するルーターまたはスイッチのアドレス。

inet |inet6

ナIPv4 または IPv6 に属しているルートをトレースします。

インターフェイスインターフェイス名

ナパケットを送信するインターフェイスの名前。

論理システム(すべての| 論理システム名)

ナこのオプションは Junos OS 進化したリリース 18.3 R1 ではサポートされていません。この操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

テナント テナント名

ナTraceroute の試行における特定のテナントシステムの名前です。

ホスト の監視

ナ指定されたホストのリアルタイム監視情報を表示します。

mpls(ldp FEC アドレス | rsvp ラベルスイッチ パス名)

ナ「 traceroute mpls ldp And traceroute mpls rsvp」を参照してください。

next-hop

宛先にパケットを送信するための次ホップ。

解決策はありません

ナIP アドレスに対応するホスト名を特定してはなりません。

オーバーレイ

(オプション)Traceroute オーバーレイ パス

port

(オプション)traceroute プローブで使用するベース ポート番号。

伝搬-ttl

ナPE ルーティングデバイス上で、このオプションを使用して、ローカルで生成されたルーティングエンジン伝送トラフィックを表示します。これは MPLS L3VPN トラフィックのみに適用されます。

トラブルシューティングに使用するのは、ローカルプロバイダルーターからリモートプロバイダルーターにホップ単位の情報を表示する場合に、 no-proagate-ttl構成文を使用してコアネットワークで TTL 減分が無効になっている場合です。

注:

With propagate-ttltracerouteを CE ルーターで使用しても、ホップバイホップ情報は表示されません。

routing-instance routing-instance-name

ナTraceroute 試行のルーティングインスタンスの名前。

送信元送信元アドレス

ナ送信 traceroute パケットの送信元アドレスです。

tos value

ナIP タイプのサービス (ToS) フィールドに含める値。値の範囲は0 、通過255します。

ttl

ナTraceroute の要求に含める最大 time-to-live 値。値の範囲は0 、通過128します。

待機

ナTraceroute の要求に対する応答を待機する最大時間。

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

Required Privilege Level

ネットワーク

Output Fields

表 1 tracerouteコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: traceroute Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

traceroute to

受信者の IP アドレス。

hops max

許可されるホップの最大数。

byte packets

送信されているパケットのサイズ。

number-of-hops

送信元から名前付きルーターまたはスイッチへのホップ数です。

router-name

このホップのルーターまたはスイッチの名前。

address

このホップのルーターまたはスイッチのアドレス。

Round trip time

平均ラウンドトリップ時間 (ミリ秒)。

Sample Output

traceroute

traceroute as-number-lookup host

traceroute no-resolve

traceroute propogate-ttl

traceroute (Between CE Routers, Layer 3 VPN)

traceroute (Through an MPLS LSP)

traceroute routing-instance no-resolve (Through an MPLS LSP)

traceroute (Junos OS Evolved, Through an MPLS LSP)

Junos OS 進化tracerouteしたコマンドは、Linux tracerouteコマンドと同じ方法で MPLS のデータを解析します。L = ラベル、E = exp_use、S = stack_bottom、T = TTL。以下の例ではT=1/L=16 、ラベル16を持つ TTL を示しています。

traceroute no-resolve extension (QFX5100)

Release Information

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

mplsJunos OS リリース9.2 で導入されたオプションです。

propagate-ttlJunos OS リリース12.1 で導入されたオプションです。

Junos OS リリース 18.3 R1 とas-number-lookupともに導入された IPv6 traceroute をサポートします。

このコマンドtenantオプションは Junos OS リリース19.2 の SRX シリーズ用に導入されています。

no-resolve extension オプションは、Junos OS 21.4R1 で導入されました。

以下のオプションは Junos OS 進化したリリース 18.3 R1 では推奨されていません。logical-systemand propagate-ttl.