Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

rpm (Services)

Junos OS Syntax (except for SRX devices)

Junos OS Syntax (SRX300 and SRX550HM devices)

Junos OS Evolved Syntax

Junos OS Hierarchy Level

Junos OS Evolved Hierarchy Level

Description

RPM(リアルタイム パフォーマンス監視)を設定します。RPM では、アクティブ プローブを設定してトラフィックを追跡および監視できます。プローブは、宛先およびアプリケーションごとに、PING Internet Control Message Protocol(ICMP)パケット、ユーザー設定ポートを使用した User Datagram Protocol and Transmission Control Protocol(UDP/TCP)パケット、ユーザー設定の差別化サービス コード ポイント(DSCP)タイプオブサービス(ToS)パケット、ハイパーテキスト転送プロトコル(HTTP)パケットを含む、アプリケーション単位でパケットを収集します。RPM は、RFC 2925 の拡張に管理情報ベース(MIB)、リモート Ping、Traceroute、ルックアップ動作用の管理オブジェクト定義をサポートしています。

Evolved Release Junos OS リリース リリース 20.1R1、RPM プローブを設定できます。Evolved Junos OS RPM は階層レベルで [edit services monitoring rpm] 設定されています。サポートの対象範囲は以下に限定されます。

  • 以下の RPM プローブ タイプ用のプローブの生成と受信(クライアント)とリフレクション(サーバー):

    • icmp-ping

    • icmp-timestamp

    • udp ping

    • udp-タイムスタンプ

  • プローブ履歴管理

  • syslog のみによるレポート

最初に、JUNOS OS Evolved 20.3R1、TWAMP プローブを設定できます。Junos OS Evolved 21.1R1 から、RFC 2544 ベンチマーク テストを設定できます。ネットワークJunos OS TWAMP は階層レベルで設定され、RFC 2544 ベンチマーク テストは階層レベル [edit services monitoring twamp][edit services monitoring rfc2544] 設定されています。

Evolved Release 21.2R1 Junos OS、SNMP を介したレポート、および RPM MIB サポートされているオブジェクト。

残りのステートメントは個別に説明されています。詳細については、 CLI エクスプローラーで文を検索するか、「シンタックス」セクションでリンクされた文をクリックします。

Required Privilege Level

system — このステートメントを設定に表示するには。

system-control— このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

Evolved Release Junos OSで発表されたステートメント20.1R1。

traps Evolvedリリース21.2R1 Junos OSで導入されたオプション。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
21.2R1 Evo
Evolved Release 21.2R1 Junos OS、SNMP を介したレポート、および RPM MIB サポートされているオブジェクト。
21.1R1 Evo
Junos OS Evolved 21.1R1 から、RFC 2544 ベンチマーク テストを設定できます。
20.3R1 Evo
最初に、JUNOS OS Evolved 20.3R1、TWAMP プローブを設定できます。
20.1R1 Evo
Evolved Release Junos OS リリース リリース 20.1R1、RPM プローブを設定できます。Evolved Junos OS RPM は、[ サービス監視 rpm の編集] 階層レベルで設定されます。