Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

VPLSのマルチキャストスヌーピング

VPLSのPIMスヌーピングについて

PIM 制御パケットを送信するには、次の 2 つの方法があります。

  • PIM スヌーピングの使用

  • PIM プロキシを使用する

PIM スヌーピングは、PIM hello および join/prune パケットのみを検査して動作するようにデバイスを設定します。PIM スヌーピング デバイスは、各インターフェイスで PIM hello と join/prune パケットをスヌーピングして、関心のあるマルチキャスト受信者を見つけ、マルチキャスト転送ツリーにこの情報を入力します。PIM スヌーピングが PIM プロキシと異なる点は、PIM プロキシの場合に Hello パケットのみがフラッディングされるのに対し、VPLS では PIM hello パケットとジョイン/プルーニング パケットの両方が透過的にフラッディングされます。PIM スヌーピングは、疑似配線で接続された PE ルーターで設定されます。PIM スヌーピングにより、疑似回線上の LDP を介して送信される PIM メッセージを除き、VPLS で新しい PIM パケットが生成されなくなります。

メモ:

VPLSのドキュメントでは、PEルーターなどの用語のルーターという言葉は、ルーティング機能を提供するデバイスを指すために使用されます。

接続回線で受信した PIM スヌーピング スヌーピング hello パケットをサポートするデバイス。VPLS コアが PIM 参加/プルーニング パケットを転送するときにレイテンシが発生することはありません。

PE ルーターで PIM スヌーピングを設定するには、 階層レベルで ステートメント[edit routing-instances instance-name protocols]を使用しますpim-snooping

例:VPLS の PIM スヌーピングの設定 では、PIM スヌーピング方式について説明しています。PIM プロキシ メソッドの使用についてはここでは説明せず、このドキュメントの範囲外です。PIM プロキシの詳細については、次を参照してください: VPLS を介した PIM スヌーピング

例:VPLS の PIM スヌーピングの設定

この例では、仮想プライベート LAN サービス(VPLS)で PIM スヌーピングを設定し、対象のデバイスへのマルチキャスト トラフィックを制限する方法を示します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • Mシリーズマルチサービスエッジルーター(拡張CFEB搭載のM7iおよびM10i、M120、E3 FPC搭載のM320)またはMXシリーズ5Gユニバーサルルーティングプラットフォーム(MX80、MX240、MX480、およびMX960)

  • Junos OS リリース 13.2 以降

概要

次に、VPLS 内の対象デバイスへのマルチキャスト トラフィックを制限するために PIM スヌーピングを設定する例を示します。

メモ:

この例では、PIM スヌーピング デバイスを使用してマルチキャスト トラフィックを制限する PIM スヌーピングを示します。PIM プロキシ方式を使用して PIM スヌーピングを実現する方法は、このドキュメントの範囲外であり、Junos OS にはまだ実装されていません。

トポロジ

この例では、2 つの PE ルーターが疑似回線接続を介して相互に接続されています。ルーターPE1は、ルーターCE1およびCE2に接続されています。マルチキャストレシーバーがルーターCE2に接続されています。ルーターPE2は、ルーターCE3およびCE4に接続されています。マルチキャスト送信元はルーターCE3に接続され、2番目のマルチキャスト受信者はルーターCE4に接続されています。

PIM スヌーピングは、ルーター PE1 および PE2 で設定されます。したがって、マルチキャスト ソースから送信されたデータは、マルチキャスト グループのメンバーのみが受信します。

図 1 に、この例で使用するトポロジを示します。

図 1: VPLS PIM Snooping for VPLS の PIM スヌーピング

構成

CLIクイック構成

この例をすばやく設定するには、次のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除して、ネットワーク構成に合わせて必要な詳細を変更し、 階層レベルのCLI [edit] にコマンドをコピーして貼り付けます。

ルーターPE1

ルーターCE1

ルーターCE2

ルーターPE2

ルーターCE3(RP)

ルーターCE4

VPLS の PIM スヌーピングの設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

メモ:

このセクションでは、トポロジー内の 1 つ以上のルーターについて、段階的な構成手順を説明します。すべてのルーターの包括的な設定については、 CLIクイック設定を参照してください。

VPLSのPIMスヌーピングを設定するには、次の手順に従います。

  1. ルーター間のリンクを形成するルーター インターフェイスを設定します。

    メモ:

    ge-2/0/0.0 VPLS ge-2/0/1.0 インターフェイスとして設定され、ルーターCE3およびCE4に接続します。詳細については、 仮想プライベートLANサービスユーザーガイド を参照してください。

    メモ:

    ルーターCE3のインターフェイスは ge-2/0/1.0 、マルチキャストソースに接続します。

    メモ:

    ルーターCE4のインターフェイスは ge-2/0/1.0 、マルチキャストレシーバーに接続します。

    同様に、ルーターPE1、CE1、およびCE2を設定します。

  2. すべてのルーターのルーター ID を設定します。

    同様に、他のルーターを設定します。

  3. すべてのルーターのインターフェイスにIGPを設定します。

    同様に、他のルーターを設定します。

  4. PE ルーターで LDP、MPLS、および BGP プロトコルを設定します。

    BGP グループは、他の PE ルーターとのインターフェースに必要です。同様に、ルーターPE1を設定します。

  5. すべての CE ルーターで PIM を設定します。

    ルーターCE3がランデブーポイント(RP)として設定されており、RPアドレスが他のCEルーターに設定されていることを確認します。

    同様に、ルーターCE1とCE2を設定します。

  6. PE ルーターでマルチキャスト スヌーピング オプションを設定します。

    同様に、ルーターPE1を設定します。

  7. ルーティングインスタンス(titanium)を作成し、PEルーターでVPLSを設定します。

    同様に、ルーターPE1を設定します。

  8. PE ルーターで PIM スヌーピングを設定します。

    同様に、ルーターPE1を設定します。

結果

設定モードから、 、 、 show protocolsshow routing-options、 、および show routing-instances コマ ンドを入力してshow interfacesshow multicast-snooping-options設定を確認します。

出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

同様に、他のすべてのルーターでも設定を確認します。ルーターの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

メモ:

CE ルータで コマンドを使用して show protocols 、PIM RP の設定を確認します。

検証

設定が正常に機能していることを確認します。

VPLSのPIMスヌーピングの検証

目的

PIM スヌーピングがネットワークで動作していることを確認します。

アクション

PIM スヌーピングが期待どおりに動作していることを確認するには、次のコマンドを使用します。

  • show pim snooping interfaces

  • show pim snooping neighbors detail

  • show pim snooping statistics

  • show pim snooping join

  • show pim snooping join extensive

  • show multicast snooping route extensive instance <instance-name> group <group-name>

  1. ルーターPE2の運用モードから、 コマンドを実行します show pim snooping interfaces

    出力では、ルーターPE2をルーターCE3およびCE4に接続する2つのインターフェイスでPIMスヌーピングが設定されていることを確認します。

    同様に、ルーターPE1のPIMスヌーピングインターフェイスを確認します。

  2. ルーターPE2の運用モードから、 コマンドを実行します show pim snooping neighbors detail

    出力では、ルーターPE2がPIMスヌーピングネイバーのIPアドレス(CE3で10.0.0.18、CE4で10.0.0.22)を検出できることを確認します。

    同様に、ルーターPE1のPIMスヌーピングネイバーを確認します。

  3. ルーターPE2の運用モードから、 コマンドを実行します show pim snooping statistics

    出力には、ルーターPE2が受信したhelloおよびjoin/pruneメッセージの数が表示されます。これにより、PIM スパース モードがネットワークで動作していることを確認します。

  4. ルーターCE3に接続された送信元端末から、マルチキャストグループ203.0.113.1のマルチキャストトラフィックを送信します。

  5. ルーターPE2の運用モードから、 show pim snooping joinshow pim snooping join extensive、および show multicast snooping route extensive instance <instance-name> group <group-name> コマンドを実行してPIMスヌーピングを確認します。

    出力は、グループ203.0.113.1に送信されたマルチキャストトラフィックがルーターCE4を介して受信者2に送信され、アップストリームおよびダウンストリームのネイバーの詳細も表示していることを示しています。

意味

PIM スヌーピングはネットワークで動作します。

VPLSのためのIGMPおよびMLDスヌーピング

仮想プライベートLANサービス(VPLS)でIGMPまたはMLDスヌーピングを有効化して、顧客向けインターフェイスが要求したマルチキャストトラフィックのみを受信するようにすることができます。このスヌーピングは、IRB(統合型ルーティングおよびブリッジング)の有無にかかわらず有効にできます。

図 2: 基本的なVPLSトポロジ Basic VPLS topology

IGMP/MLD スヌーピングを VPLS で機能させるには、参加するすべての PE(プロバイダ エッジ)ルーターの論理的なフルメッシュが必要です。つまり、すべての PE ルーターが他のすべての PE ルーターと疑似配線で接続され、フルメッシュのインフラストラクチャになります。VPLS 上で IGMP/MLD スヌーピングを有効化すると、マルチキャスト トラフィックは、リモート(PE)デバイスから IGMP/MLD レポートを受信するすべての疑似配線に転送されます。IGMP/MLD メンバーシップ クエリーとジョイン レポートは、VPLS インスタンスに属するすべての疑似配線にフラッディングされます。これにより、マルチキャスト データ フローを、関心のあるグループのメンバーのみに最適化できます。オペレーティングシステムは、各PEデバイスからのIGMP/MLDクエリーとレポートをリッスンすることにより、サービスごとにグループメンバーのデータベースを構築します。

メモ:
  • コアからアクセスに転送されるVPLSマルチキャストトラフィックは、IGMPまたはMLDスヌーピングを介して学習されたルートに基づいています。

  • アクセスからの VPLS マルチキャスト トラフィックは、リモート レシーバーがない場合でも、コアにフラッディングされます。

IGMPv2/v3 スヌーピングは、IPv4 マルチキャスト トラフィックの VPLS でサポートされています。PE ルーターで IGMP スヌーピングを設定するには、[] 階層レベルで ステートメントを含め igmp-snooping ますedit routing-instances instance-name protocols

同様に、MLDv1/v2 スヌーピングは、IPv6 マルチキャスト トラフィックの VPLS でサポートされています。PE ルーターで MLD スヌーピングを設定するには、[] 階層レベルで ステートメントを含め mld-snooping ますedit routing-instances instance-name protocols

メモ:

MLDv2 では、ハードウェアで異なるサイズのテーブルを割り当てるために、特定のハードウェア データベース プロファイルが必要です。VPLSインスタンス内でMLD v2を設定するには、[]階層レベルでオプションまたは l3-xl オプションを含めbalanced-exemますedit system packet-forwarding-options hw-db-profile

VPLS インスタンス内で IRB を設定するには、[] 階層レベルで ステートメントを含め l3-interface irb-interface-name ますedit routing-instances routing-instance-name instance-type virtual-switch

ステートメントが no-local-switching [edit bridge-domains bridge-domain-name]階層レベルで設定されている場合、CEインターフェイスに到着したフレームは、VPLSエッジ(VE)デバイスまたはコアに接続するインターフェイスにのみ送信されます。これにより、VPLS ドメイン内のアクセス ポートがパケットを相互に転送しないようにします。

UNI 論理インターフェイスを設定するには、[ vlan-bridge ] 階層レベルにedit interfaces interface-name unit logical-unit-number encapsulation オプションを含める必要があります。

VPLSポートの設定は、ルーティングインスタンスを使用してサポートされます virtual-switch 。タイプの vpls ルーティング インスタンスはサポートされていません。

VPLS内のIRB(統合型ルーティングおよびブリッジング)を使用したL3ルートの処理

図 3 は、PIM と IRB が有効になっている PE で可能な L3 ルーティング ケースを示しています。

図 3: VPLS L3 routes in VPLS の L3 ルート
メモ:

トラフィックのループを避けるために、集中型 PE ルーターを除くすべての PE ルーターでルーティングを無効にします。

  • 送信元は外部(L3 インターフェイス)で、受信者は VPLS ドメイン内にあります。IGMP/MLDクエリーが、マルチキャストルーターとLSIポートに再注入されます。マルチキャストトラフィックはカプセル化され、疑似回線を介してルーティングされます。

  • 送信元は VPLS ドメイン内にあり、受信者は外部(L3 インターフェイス)です。VPLS マルチキャスト トラフィックはカプセル化解除され、外部インターフェイスにルーティングされます。

  • 送信元は VPLS ドメイン内にあり、受信者は同じ VPLS 内にあります。VPLS マルチキャスト トラフィックは、VPLS ブリッジ ドメイン内でブリッジされます。

  • 送信元は VPLS ドメインにあり、受信者は別の VPLS ドメインにあります。VPLS マルチキャスト トラフィックは、VPLS 回線と IRB を介してルーティングされます。