Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

送信元タイプ 1 送信AS検出ルートの概要

次世代のマルチキャスト仮想プライベート ネットワーク(MVPN)に参加しているすべてのプロバイダ エッジ(PE)ルーターは、タイプ 1 の自動検出ルートAS発信する必要があります。さらにJunos OS、MVPN モジュールはローカル テーブルに自動検出ASをインストールします <routing-instance-name>.mvpn.0 。すべての PE ルーターがローカル タイプ 1 ルートを互いにアドバタイズします。このトピックで参照されるルーターは、 次世代 MVPN ネットワーク トポロジーについて を参照してください

コマンドを show route table vpna.mvpn.0 使用して、ルーター PE1 がテーブル内にAS AD ルートをインストールされていることを確認 vpna.mvpn.0 します。このルートは MVPN プロトコルによってインストールされ(つまり、ルートを発信した MVPN モジュール)、ルート全体のマスクは /240 です。

タイプ 1 ルートへのルート ターゲット コミュニティの接続

ネットワーク内AS AD ルートは、MCAST-VPN アドレス ファミリーを介して、テーブルから BGP <routing-instance-name>.mvpn.0 プロトコルによってピックアップされ、リモート PE ルーターにアドバタイズされます。デフォルトでは、イントラAS検出ルートは、ユニキャスト VPN-IPv4 ルートに接続されているのと同じルート ターゲット コミュニティを実行します。ユニキャストとマルチキャストのネットワーク トポロジーが一変しない場合、非 C マルチキャスト MVPN ルートに対して、異なるインポート ルート ターゲット コミュニティとエクスポート ルート ターゲット コミュニティのセットを設定できます(C マルチキャスト MVPN ルートは常に動的インポート ルート ターゲットを実行します)。

マルチキャスト ルート ターゲットは、 と ステートメントを import-target 階層レベル export-target に含めて設定 [edit routing-instances routing-instance-name protocols mvpn route-target] します。

Junos OS、マルチキャスト ルート ターゲットの設定に応じて、2 つの追加の内部ポリシーを作成します。これらのポリシーは、インポートとエクスポートの決定時に、非 C-C マルチキャスト MVPN ルートに適用されます。VRF(Multicast VPN Routing and Forwarding)内部インポート ポリシーおよびエクスポート ポリシーは、ユニキャスト VRF インポート ポリシーおよびエクスポート ポリシーと同様の命名規則に従います。これらのポリシーの内容は、ユニキャスト VPN ルートに適用されるポリシーにも似ています。

以下のリストは、デフォルトのポリシー名と、デフォルト ポリシーが適用される場所を示しています。

マルチキャスト VRF インポート ポリシー: __vrf-mvpn-import-target-target-<routing-instance-name>-internal__

マルチキャスト VRF エクスポート ポリシー: __vrf-mvpn-export-target-target-<routing-instance-name>-internal__

show policy __vrf-mvpn-import-target-vpna-internal__ import-target と export-target が target:10:2 に設定されている場合、ルーター PE1 にコマンドを使用して、ルーター PE1 が以下の内部 MVPN ポリシーを作成したと確認します。

この例の値は次のとおりです。

  • マルチキャスト インポート RT コミュニティ: __vrf-mvpn-community-import-vpna-internal__

  • マルチキャスト エクスポート RT コミュニティ: __vrf-mvpn-community-export-vpna-internal__ Value: target:10:2

PMSI 属性をタイプ 1 ルートに接続する

ステートメントが階層レベルで含まれている場合、プロバイダ マルチキャスト サービス インターフェイス(PMSI)属性が発信され、送信者 PE provider-tunnel [edit routing-instances routing-instance-name] ルーターによってタイプ 1 の AS 内自動検出ルートにアタッチされます。プロバイダ トンネルは送信者 PE ルーターからシグナリングを受けます。VPN マルチキャスト レシーバだけが含まれると知られている PE ルーターでは、このステートメントは必要ありません。

設定されているプロバイダ トンネルが PIM-SM(プロトコル独立マルチキャストスパース モード)の場合、ASM(Any-Source Multicast)、PMSI 属性は送信者 -PE およびプロバイダ トンネル グループ アドレスの IP アドレスを転送します。プロバイダ トンネル グループのアドレスは、プロバイダの マルチキャスト アドレス スペースからサービス プロバイダによって(設定を介して)割り当てられるので、VPN 顧客が使用するマルチキャスト アドレスと混乱する必要はない。

設定されているプロバイダ トンネルが RSVP-TE(RSVP-Traffic Engineering)タイプの場合、PMSI 属性は RSVP-TE ポイント to マルチポイント セッション オブジェクトを運ぶ。このポイントアンドマルチポイント セッション オブジェクトは、親のポイント to マルチポイント ラベルスイッチ パス(LSP)の識別子として使用され、図 1 に示すフィールドが含まれています。

図 1:RSVP-TEポイント間セッション オブジェクト形式 RSVP-TE Point-to-Multipoint Session Object Format

このJunos OSのおよび Extended Tunnel ID フィールドP2MP IDは送信者 PE ルーターのルーター ID に設定されます。のTunnel IDは、RSVPセッションの長さにおいて一意である、ポイント to マルチポイント RSVP セッションに使用されるポート番号に設定されます。

コマンドをshow rsvp session p2mp detail使用して、ルーター PE1 が、ルーター PE2 とルーター PE3 に対して(ポート番号 6574 を使用して)次の RSVP セッションに信号を送信することの確認を行います。この例では、ルーター PE1 は、2 つのサブ LSP を持つ、10.1.1.1:65535:mvpn:vpna という名前のポイントツーマルチポイント LSP をシグナリングしています。どちらのサブ LSP でも10.1.1.3:10.1.1.1:65535:mvpn:vpna10.1.1.2:10.1.1.1:65535:mvpn:vpna、親のポイント to マルチポイント LSP と同じ RSVP ポート番号(6574)を使用します。

送信者のみおよびレシーバ専用サイト

このJunos OS、PE ルーターを送信者サイトのみ、または受信側サイトにのみ設定できます。これらのオプションは、 と sender-site ステートメントを階層レベル receiver-site に含めて有効 [edit routing-instances routing-instance-name protocols mvpn] になります。

  • 送信者サイト専用 PE ルーターは、リモート PE ルーターによってアドバタイズされたプロバイダ トンネルに参加しない

  • レシーバ-サイト専用 PE ルーターは PMSI 属性を送信しない

同じVPNにおよびステートメントreceiver-siteprovider-tunnelを含める場合、コミットは失敗します。