Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リサイクルレプリケーションモデルを使用したイングレスおよびエグレスマルチキャストレプリケーション

リサイクル ポートを使用したイングレスおよびエグレス レプリケーションでは、マルチキャスト パケットごとに 2 つのパスがあります。最初のパスでは、各パケットはエグレス パケット転送エンジンのリサイクル ポートを使用して、システム内の各エグレス パケット転送エンジンに複製されます。2 番目のパスでは、パケットはエグレス パケット転送エンジンのポートに複製されます。

このレプリケーション モデルでは、パケット転送エンジンのポートのレプリケーションは、同じパケット転送エンジンで発生します。複製後、マルチキャスト パケット フローはユニキャスト パケット フローと同じくらい優れています。マルチキャスト トラフィックに個別のキューはありません。ユニキャスト トラフィックは、エグレス ポートからクレジットを取得することで、通常どおりにスケジュールされます。

リサイクル ポートは、システム内のエグレス パイプラインとイングレス パイプライン間のループバック用に設計された内部論理ポートです。リサイクル ポートは、CLI からリサイクル ベースのレプリケーションが有効になっている場合にのみ、ブート時に作成されます。リサイクルレプリケーションモデルを使用したイングレスおよびエグレスマルチキャストレプリケーションのシステムパケット転送オプションmcast-repl-type階層レベルで、setイングレスエグレスリサイクルステートメントを使用します。複製タイプを選択しない場合、イングレス複製(イングレスのみ)はデフォルトの複製タイプと見なされます。

エグレス PFE へのマルチキャスト トラフィック フロー全体は、リサイクル ポートの帯域幅によって制限されています。リサイクル ポートの帯域幅は、デフォルトの帯域幅を 30 Gbps に設定して固定されています。