Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

レイヤー2仮想スイッチインスタンス

レイヤー 2 仮想スイッチについて

レイヤー2仮想スイッチインスタンスを使用するメリット:

  • 複数のインスタンスを使用して仮想スイッチレイヤー 2 トラフィックを分割することで、レイヤー 2 トラフィックを複数の「仮想」レイヤー 2 ネットワークに論理的に整理できます。

レイヤー2では、1つまたは複数の Vlan を1つのルーティングインスタンスにグループ化して、仮想スイッチインスタンスを形成できます。仮想スイッチインスタンスは、Vlan で構成されています。仮想スイッチ インスタンスは LAN セグメントを分離し、スパニング ツリー プロトコル インスタンスや VLAN ID スペースなどのほとんどのレイヤー 2 機能をそれ自身の小規模な論理ネットワークに含まれています。複数のインスタンスを使用して仮想スイッチレイヤー 2 トラフィックを分割することで、レイヤー 2 トラフィックを複数の「仮想」レイヤー 2 ネットワークに論理的に整理できます。

仮想スイッチが設定されると、デフォルトスイッチと呼ばれる既定の仮想スイッチが自動的に作成されます。仮想スイッチの VLAN に割り当てられていないレイヤー2トラフィックはすべて、自動的にデフォルトのバーチャルスイッチの一部になります。

レイヤー 2 ブリッジングにのみ仮想スイッチ、必要に応じてレイヤー 3 ルーティングを実行する設定も可能です。さらに、仮想スイッチ内でスパニングツリープロトコル (STPs) を構成して転送ループを回避することもできます。インターフェイス上でレイヤー 2 論理ポートを設定する方法について、詳しくは ルーティング デバイス用の Junos OS ネットワーク インターフェイス ライブラリ を 参照してください

トランクインターフェイスとして構成された1つまたは複数の論理インタフェースを仮想スイッチに関連付けることができます。トランク インターフェイス(レイヤー 2 トランク ポート)では、物理インターフェイス上の複数の VLAN を表す論理インターフェイスを設定できます。トランク インターフェイスを設定する方法の詳細については、「 ルーティング デバイス用の Junos OS インターフェイス ライブラリ 」を参照してください

レイヤー 2 転送と学習のプロパティをレイヤー 2 ネットワーク インターフェイス仮想スイッチ。

EX シリーズスイッチでのレイヤー2仮想スイッチの構成

レイヤー 2 プロトコル仮想スイッチスパニング ツリー プロトコル インスタンスで LAN セグメントを分離し、VLAN ID スペースを分離して、データ リンク レイヤーでのみトラフィックをフィルタして転送します。各 VLAN は、レイヤー 2 の学習および転送に参加する論理ポートのセットで構成されています。レイヤー仮想スイッチはレイヤー 2 ネットワークを表します。

バーチャルスイッチ階層では、主に2種類のインターフェイスが使用されています。

  • レイヤー 2 論理インターフェイス—このタイプのインターフェイスは、仮想回線識別子として VLAN-ID を使用し、VLAN-ID の範囲はインターフェイス ポートでローカルです。このタイプのインターフェイスは、多くの場合、サービスプロバイダ中心のアプリケーションで使用されます。

  • アクセスインターフェイスまたはトランク インターフェイス —このタイプのインターフェイスは、グローバル意味を持つVLAN-IDを使用します。VLAN メンバーシップに基づいて、アクセスまたはトランクインターフェイスが Vlan に暗黙的に関連づけられます。通常、アクセスまたはトランクインターフェイスはエンタープライズ中心のアプリケーションで使用されます。

    注:

    アクセスインターフェイスとトランクインターフェイスの違いは、アクセスインターフェイスは1つの VLAN の一部としてのみ使用でき、通常、インターフェイスはエンドユーザーデバイスに接続されるという点です (パケットは、構成済み VLAN に暗黙的に関連付けられています)。一方、トランクインターフェイスは複数の Vlan からトラフィックを多重化し、通常は相互接続スイッチを使用します。

レイヤー 2 インターフェイス を設定するには仮想スイッチステートメントを含める必要があります。

バーチャルスイッチを有効にするには、 virtual-switchinstance-typeをとして指定する必要があります。

このvlan-id文とともに指定されている vlan は、仮想スイッチに含まれています。

仮想スイッチにその他のオプションの VLAN パラメーターを設定できます。

レイヤー 2 トランク ポートを使用したレイヤー 2 仮想スイッチの設定

1 つ以上のレイヤー 2 トランク インターフェイスを 1 つのインターフェイスと仮想スイッチ。

レイヤー 2 トランク 仮想スイッチ設定されたインターフェイスは、VLAN 内の IRB もサポートしています。IRB は、同じインターフェイス上のレイヤー 2 ブリッジングとレイヤー 3 IP ルーティングを同時にサポートします。interface-mode (access | trunk)ステートメントで構成されたインターフェイスのみを仮想スイッチに関連付けることができます。アクセスインターフェイスにより、VLAN 識別子なしでパケットを受け入れられます。

さらに、仮想ネットワークのレイヤー 2 ラーニングおよび転送プロパティを設定仮想スイッチ。

レイヤー 2 トランク インターフェイス仮想スイッチを設定するには、次のステートメントを含にします。