Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

トランクインターフェイスの VLAN ID リストの構成

トランクポートによって受け入れられる VLAN Id のリストを設定するにはvlan-id-list 、文を追加して、vlan id のリストを指定します。ID 番号を区切るスペースで個々の VLAN Id を指定したり、ID 番号を区切る破線を使用して VLAN Id の範囲を指定したり、個々の VLAN Id と一連の VLAN Id の組み合わせを指定したりできます。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number family bridge interface-mode trunk]

  • [edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logical-unit-number family bridge interface-mode trunk]

トランクインターフェイスの VLAN id で指定された VLAN ID を使用して、パケットが受信されると、パケットは受け付けられ、一致する VLAN ID を使用して構成されたブリッジドメイン内で転送されるようになります。

VLAN id のトランクインターフェイスリストに指定されていない VLAN ID を使用して、パケットが受信されると、ネイティブ VLAN ID が既存の VLAN タグまたはタグの前にプッシュされ、対応する VLA で構成されているブリッジドメイン内でパケットが転送されます。N ID です。

タグなしパケットがトランクインターフェイスで受信されると、ネイティブ VLAN ID がパケットに追加され、そのパケットはブリッジドメイン内で転送されるとともに、対応する VLAN ID が設定されます。

トランクインターフェイスを構成する前に、対応する VLAN ID を使用して設定されたブリッジドメインを設定する必要があります。ブリッジ ドメインの設定の詳細については、「 ルーティング プロトコル設定ガイド Junos 」を参照してください