Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

IPアドレスをMACアドレスにマッピングするための静的ARPテーブルエントリーの設定

デフォルトでは、デバイスはARP要求の宛先アドレスが受信インターフェイスのローカルネットワーク上にある場合にのみ、アドレス解決プロトコル(ARP)要求に応答します。ファストイーサネットまたはギガビットイーサネットインターフェイスでは、同じイーサネットサブネット上のノードのIPアドレスをメディアアクセス制御(MAC)アドレスに関連付ける静的ARPエントリーを設定できます。これらの静的ARPエントリーにより、ARP要求の宛先アドレスが受信イーサネットインターフェイスにローカルではない場合でも、デバイスはARP要求に応答することができます。

また、動的に学習された ARP エントリーとは異なり、静的 ARP エントリーはエージング アウトしません。また、トラブルシューティングの状況や、デバイスがMACアドレスを動的に学習できない場合に、静的ARPエントリーを設定することもできます。

注:

デフォルトでは、 ステートメントを設定したすべてのイーサネットインターフェイスで共有されるARPポリサーが family inet インストールされています。階層レベルで arp ステートメントを [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number family inet policer] 含めることで、特定のARPパケットポリサーをインターフェイスに適用できます。この機能は、EXシリーズスイッチでは利用できません。

静的ARPエントリーを設定するには:

  1. 設定モードでは、[edit]階層レベルで、ルーターのARPテーブルエントリーが設定されているルーターインターフェイスを設定します。
  2. プロトコルファミリー、インターフェイスの論理ユニット、およびルーターインターフェイスのインターフェイスアドレスを[edit interfaces interface-name]階層レベルで設定します。プロトコルファミリーを設定する際、プロトコルファミリーとして を指定 inet します。
    注:

    IPアドレスを節約する必要がある場合、 階層レベルに [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number family inet] ステートメントを含めることで、イーサネットインターフェイスのunnumbered-address番号付けを解除するように設定できます。

  3. 相互にマッピングされるIPアドレスとMACアドレスを指定して、静的ARPエントリーを設定します。指定されたIPアドレスは、外側 address のステートメントで定義されたサブネットの一部である必要があります。MAC アドレスは、以下の形式で 16 進バイトとして指定する必要があります。nnnn.nnnn.nnnn または nn:nn:nn:nn:nn:nn形式です。例えば、 または 00:11:22:33:44:55のいずれかを0011.2233.4455使用できます。
  4. 相互にマッピングされるIPアドレスとMACアドレスを指定して、別の静的ARPエントリーを設定します。また、 ステートメントに オプションを含 multicast-mac めることで、マルチキャストMACアドレスをユニキャストIPアドレスに arp 関連付けることもできます。オプションで、 ステートメントで オプションを使用 publish することで、指定されたIPアドレスのARP要求に応答するようにルーターを arp 設定することができます。
    注:

    ユニキャストMACアドレスのみの場合、オプションを publish 含む場合、ルーターまたはスイッチはプロキシARP要求に返信します。

注:

Junos OSは、IPv4の静的ARPエントリーと同様に、IPv6静的ネイバー検出キャッシュエントリーをサポートしています。