Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

特定の TPIDs を持つフレームを構成して、タグ付きフレームとして処理されるようにする

ギガビットイーサネット IQ インターフェイスでは、ギガビットイーサネット IQ インターフェイス、gbe (10 ポートギガビット・イーサネット PIC、M7i ルーター上の組み込みギガビットイーサネットポートを除く)、および MX シリーズルーターギガビットイーサネットを使用したギガビットイーサネット PICsトライレートイーサネット銅線、10ギガビットイーサネットインターフェイスにより、特定の TPIDs を持つフレームをタグ付きフレームとして処理するように設定できます。これを行うには、ポート当たり最大8個の IEEE 802.1 Q TPID 値を指定します。指定された TPIDs のいずれかを持つフレームがタグ付きフレームとして処理されます。ただし、IQ2 と IQ2-E のインターフェイスでは、ポート当たりの最初の 4 IEEE 802.1 Q TPID 値のみがサポートされています。このため、スタックと書き換えのギガビットイーサネット VLAN タグは、Q イン Q トンネリングと呼ばれることもあります。TPID 値を設定するには、 tag-protocol-id以下のステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

入力と出力の VLAN マップに含めるすべての TPIDs は、 [edit interfaces interface-name gigether-options ethernet-switch-profile tag-protocol-id [ tpids ]]または[edit interfaces interface-name aggregated-ether-options ethernet-switch-profile tag-protocol-id [ tpids ]]階層レベルで指定したものと同じでなければなりません。