Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

論理インタフェースでのアクセスモードの構成

エンタープライズネットワーク管理者は、単一の論理インタフェースを構成してタグなしパケットを受け入れ、指定されたブリッジドメイン内でパケットを転送することができます。タグなしパケットを受け入れるように構成された論理インタフェースは、アクセスインタフェースまたはアクセスポートと呼ばれます。アクセスインターフェイスの構成は、MX シリーズルーターでのみサポートされています。

論理インターフェイスでアクセス モードを設定するには、階層レベルまたは階層レベルで ステートメント interface-mode access[edit interfaces interface-name unit logical-unit-number family bridge][edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logical-unit-number family bridge] を使用します。

タグ付けされていないパケットがアクセス インターフェイスで受信すると、パケットは受信され、設定された VLAN ID がパケットに追加され、一致する VLAN ID で設定されたブリッジ ドメイン内でパケットが転送されます。

次の例では、論理インタフェースを、VLAN ID 20 のアクセスポートとして設定しています。