Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

vlan-id-range

Syntax

Hierarchy Level

Description

VLAN Id の範囲を論理インタフェースにバインドします。

Options

number—最初の番号は範囲の中で最も小さい VLAN ID で、2 番目の番号は範囲内の最大 VLAN ID です。

  • 1 ~ 4094

注:

Vlan vlan-id-range id 範囲全体で構成すると、システムリソースの不必要な無駄が発生するため、ベストプラクティスではありません。これは、VLAN Id のサブセット (範囲全体ではありません) を論理インタフェースに関連付ける必要がある場合にのみ使用してください。範囲全体 (1-4094) を指定すると、範囲を指定しない場合と同じ結果が得られます。しかし、VLAN 参照テーブルのエントリなどの PFE リソースを消費します。

以下の例は、これを具体的に示しています。

  1. 不十分

  2. ベストプラクティス

VLAN ID 0 は、フレームの優先度をタグ付けするために予約されています。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース8.4 で導入されました。

EX シリーズスイッチの Junos OS リリース 12.3 R2 で導入された文。