Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

vlan-id

Syntax

VLANs and Bridge Domain VLANs

ELS なしのプラットフォーム用:

ELS および ELS を使用しないプラットフォームの場合:

ELS プラットフォームの場合のみ:

802.1Q Tagging

VLAN ID to Rewrite

VLAN Tagging and Layer 3 Subinterfaces

Description

Vlan の場合は、vlan から送受信されるパケット、または VPLS ルーティングインスタンスを使用して、vlan 識別子 (VID) を指定します。

注:

プロバイダバックボーンブリッジ (PBB) ルーティングインスタンスの VLAN 識別子を設定する場合、デュアルタグ付き VIDs とnoneオプションは許可されません。

802.1 Q タグを使用する場合は、VLAN で発生するすべてのトラフィックに適用するように 802.1 Q tag を設定します。

番号0は、優先度タグ付け用に予約されており、番号4095も予約されています。

マルチギガビットイーサネット IQ と10ギガビットイーサネット IQ2、10ギガビットイーサネットの LAN/WAN PIC、IQ2-E インターフェイスと、ギガビットイーサネット IQ インターフェイスを使用したアグリゲートイーサネットを再書き込みするための VLAN ID については、入力または出力で書き換えられるライン VLAN 識別子を指定します。インターフェイス.

ステートメント、ステートメント、 vlan-idステートメント、およびswappush-swap階層レベルの[edit interfaces interface-name unit logical-unit-number output-vlan-map]ステートメントpush-pushを含めるswap-pushことはできません。これらのステートメントのいずれかを出力 VLAN マップに含めると、送信フレーム内の VLAN ID が、 vlan-id[edit interfaces interface-name unit logical-unit-number]階層レベルで指定したステートメントに再書き込みされます。

Default

EX シリーズ および SRX シリーズ の 802.1Q タグ付けでは、デフォルトの工場出荷時設定を使用すると、VLAN 上から発生するトラフィックはすべてタグ付け解除され、 の VLAN 識別子があります 1

EX2300 スイッチでは、サポートされる vlan の最大数は2024です。Vlan は1-4093 の範囲で指定できます。

EX3400 スイッチでは、id 1 のデフォルト vlan を含む、作成可能な vlan の最大数は4093です。1つvlan-id-listのデフォルトvlan1は常に継承されるため、有効構成可能な vlan 範囲は2-4093 です。最大で 4094 vlan-idを使用できますが、4093は構成可能な vlan の最大数です。

QFX3500 および QFX3500 スイッチ上の VLAN では、デフォルトの工場出荷時設定を使用すると、VLAN 上のすべてのトラフィックにタグが付け解除され、VLAN 識別子 1 が . 番号0は、優先度タグ付け用に予約されており、番号4093も予約されています。

QFX5100 スイッチでデフォルトの工場出荷時の設定を使用すると、VLAN から送信されるトラフィックはすべてタグ付け解除され、 の VLAN 識別子 1 が . 番号0は、優先度タグ付け用に予約されており、番号4093も予約されています。

注:

QFX5100 スイッチには、4090の Vlan を1つだけ作成できます。4090個以上の Vlan を作成した場合、追加の Vlan に関連づけられてshow vlansいるインタフェースは、コマンドの出力に表示されません。たとえば、4094 Vlan を作成した場合、追加の Vlan には Vlan に関連付けられたインターフェイスはありません。追加の Vlan を構成する順序によって、コマンド出力にshow vlans欠けているインターフェイスが決まります。

VLAN タグ付けとレイヤー3サブインターフェイスについては、802.1 Q VLAN タグ ID を論理インタフェースにバインドしてください。

注:

論理インターフェイス ユニットで VLAN タグ ID を設定することはできません 0 。論理ユニット番号は、また1はそれ以上でなければなりません。

Options

Vlan の場合:

number—有効な VLAN 識別子。有効な VLAN 識別子を使用して複数の Vlan を構成する場合は、それぞれに一意の VLAN 識別子を指定する必要があります。ただし、異なる仮想スイッチに属する Vlan では、同じ VLAN 識別子を使用できます。このオプションを使用すると、指定された VLAN id を持つ単一のタグ付きフレームを、VPLS VT インターフェイスを介して送信できます。

注:

VLAN 識別子を指定する場合は、このallオプションを使用することはできません。これらは相互に排他的です。

all—VLAN が、メンバーの論理インターフェイスで設定なすべての VLAN 識別子に広がするように指定します。

注:

VLAN にルーティングインターフェイスallが含まれている場合、このオプションを指定することはできません。

none:共有 VLAN 学習を有効にする、または VPLS VT インターフェイスを使用してタグ付けされていないフレームを送信する場合に指定します。

注:

マルチシャーシのリンクアグリゲーション (MC LAG) は、Vlan をnone使用したvlan-idステートメントでは、このオプションをサポートしていません。

802.1 Q タグ用:

番号 — VLAN タグ識別子

    • 1 ~ 4094 (EX8200 バーチャルシャーシ以外のすべてのスイッチ)

    • 1 ~ 4092 (EX8200 バーチャルシャーシのみ)

  • 1

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

system — このステートメントを設定に表示するには。

system-control— このステートメントを設定に追加します。

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース7.4 の前に導入された文。

リリース 9.2 で追加されたレイヤー 2 トランク ポートJunos OSサポートされます。

Junos OS のリリース9.6 で追加された SRX 5600 と SRX 5800 デバイスをサポートします。

Junos OS リリース9.6 で追加された論理システムをサポートします。