Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

proxy arp

構文

階層レベル

説明

イーサネット インターフェイスの場合のみ、ルーターまたはスイッチがARPリクエストのターゲット アドレスにアクティブ ルートを持つ限り、任意のARP要求に応答するルーターまたはスイッチを設定します。

注:

プロキシ ARP を有効にする場合はinet 、インターフェイスの IP アドレスとファミリを設定する必要があります。

プロキシ ARP が有効になっていません。ルーターやスイッチは、宛先 IP アドレスが自分専用である場合にのみ ARP 要求に応答します。

オプション

  • none—ルーターまたはスイッチが、ルーターまたはスイッチがターゲットの IP アドレスへのルートを持つ場合、ローカル またはリモート アドレスに対する ARP 要求に応答します。

  • restricted—(オプション)ルーターまたはスイッチは、送信元とターゲットの物理ネットワークが異なる ARP 要求に応答し、送信元とターゲットの IP アドレスが同じサブネット内にある場合は応答しません。ルーターまたはスイッチには、ターゲット IP アドレスへのルートも設定する必要があります。

  • unrestricted—(オプション)ルーターまたはスイッチが、ルーターまたはスイッチがターゲット IP アドレスへのルートを持つ場合、ローカル アドレスまたはリモート アドレスに対する ARP 要求に応答します。

  • unrestricted

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース7.4 の前に導入された文。

restrictedEX シリーズスイッチの Junos OS リリース10.0 に追加されました。