Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

protocol

Syntax (MX Series Routers)

Syntax (ACX Series Routers)

Syntax (EX2300, EX3400, EX4300, EX4300 Multigigabit Model, EX4600, EX4650, and QFX Series Switches)

Syntax (EX2300 Multigigabit Model Switches)

Syntax (EX9200 Switches)

Hierarchy Level

Description

レイヤー 2 プロトコル トンネリング(L2PT)を使用して、インターフェイス上でトンネリングするプロトコルを設定します。複数のプロトコルのトンネリングを有効にするには、複数 protocol のステートメントを含めます。

[オプション] セクションに記載されているさまざまなプロトコルを、さまざまなタイプのデバイスでトンネリングできます。[構文とリリース情報] セクションには、特定の Junos OS リリース(L2PT をサポートするデバイス)で異なるデバイスがトンネリングできるプロトコルで使用可能なオプションが示されています。

L2PT に設定されたサービス プロバイダ エッジ(PE)ポートが、サポートされているプロトコルの制御パケットを受信すると、デバイスはマルチキャスト宛先 MAC アドレスを事前定義済みのマルチキャスト トンネリング MAC アドレス 01:00:0c:cd:cd:d0 で書き換えます。パケットはプロバイダ ネットワークを透過的にトンネルのもう一方の端に移動し、宛先デバイスは元のマルチキャスト宛先 MAC アドレスを復元して、パケットを宛先に配信します。

Options

cdp—Cisco Discovery Protocol(CDP)をトンネリングします。

elmi—トンネル イーサネット ローカル管理インターフェイス(E-LMI)パケット。

gvrp—トンネル一般属性登録プロトコル(GARP)GVRP(VLAN Registration Protocol)パケット。

ieee8021x—トンネル IEEE 802.1X 認証パケット。

ieee8023ah—トンネル IEEE 802.3AH OAM(運用、管理、保守)リンク障害管理(LFM)パケット。

lacp—トンネル リンク アグリゲーション コントロール プロトコル(LACP)パケット。

lldp—トンネル リンク レイヤー検出プロトコル(LLDP)パケット。

mmrp—トンネルマルチプル MAC 登録プロトコル(MMRP)パケット。

mvrp—MVRP(Tunnel Multiple VLAN Registration Protocol)パケット。

pvstp—VSTP(Tunnel VLAN Spanning Tree Protocol)、PVST(VLAN 単位のスパニング ツリー)、および VLAN 単位のスパニング ツリー プラス(PVST+)プロトコル パケット。

stp—スパニングツリー プロトコルのすべてのバージョンのトンネル パケット。

udld—トンネル一方向リンク検出(UDLD)パケット。

vstp—VSTP(Tunnel VLAN Spanning Tree Protocol)パケット。

vtp—トンネルVLANトランキングプロトコル(VTP)パケット。

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 9.1 で導入されたステートメント。

MX シリーズ ルーターおよび EX9200 スイッチ向け Junos OS リリース 13.3 で導入された PVST/PVST+ のサポート。

EX4300 スイッチ向け Junos OS リリース 17.3R1 で導入された E-LMI、IEEE 802.1X、MMRP、UDLD をサポート。

EX9200スイッチのJunos OSリリース17.3R1で導入されたE-LMI、GVRP、IEEE 802.1x、IEEE 802.3AH、LACP、LLDP、MMRP、MVRP、UDLDをサポートしています。

EX2300 および EX3400 スイッチ向け Junos OS リリース 18.2R1 で導入された E-LMI、IEEE 802.1X、MMRP、UDLD をサポート。