Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

point-to-point (MVRP)

Syntax

Hierarchy Level

Description

(オプション)MVRP(Multiple VLAN Registration Protocol)設定では、ポイントツーポイント接続として認識されるようにインターフェイスを設定します。指定した場合、MRP ステート マシンのポイントツーポイント サブセットを使用して、ネットワークのコンバージェンスを高速化する、よりシンプルで効率的な方法を提供します。インターフェイスをポイントツーポイント接続として認識するには、MVRP を有効にした後でポイントツーポイント接続を有効にする必要があります。

Default

MVRP はデフォルトで無効になっています。

ポイントツーポイントはデフォルトで無効になっています。

Required Privilege Level

routing —このステートメントを設定で表示します。

routing-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 10.1 で導入されたステートメント。